3.11 14時46分 7年目の七ヶ浜の海 

にゃん太

昨日..
3月11日14時46分




七ヶ浜の海のあちこちで・・

自発的に集まった人々が・・

海に向かって手を合わせて祈りました。





宮城県は津波で多くの方々が尊い命を失いましたが

この七ヶ浜町でも、町の半分が津波に飲み込まれ

今でも行方不明のままの方々がいます。







去年、我が家の近くにある仮設住宅が撤去され

津波から6年が過ぎた町は、あちこち整備され、高台移転も進み

新しい家も増えてきました。








新しい防波堤も出来てきて









壊れた漁港も新たに作られてきています。






我が家から数分のところにある、この菖蒲田浜海岸も・・







新しい堤防になって、キレイに整備されてきてますが






まだまだ町中のあちこちで

工事中の箇所もあって・・








時折、重機の音や・・






ドォ~~ンっという地響きのような音を

家に居ながら感じます。









おそらくまだ・・きっと・・・

町全体の復興工事が終わるまで あと数年はかかるのだろうと感じます。。







海岸沿いにあった防風林は・・

そのほとんどがなぎ倒され・・失われ

スカスカでその役目を果たせないまま...変わってません。。





きっと町が整備されキレイになっていっても

この木々が戻るまでには・・

もっともっと・・何十年も年月がかかるんだろうなぁ。。









周囲をグルッと海に囲まれたこの町のあちこちには・・

津波が到達した箇所を示す標識や看板が至る所にあります。





この建物は・・







ビルの2階のガラスの高さまで・・





津波が到達したことがわかります。









いつも行く生協の入り口ドアにも・・







この小さな町では行く先々どこでも
津波の被害を受けたことが、日常的に常に視界に入ってきます。









この大津波は・・

沢山の人を一瞬にして傷つけ

まるでドデカイ ブルドーザーが一網打尽にさらっていったごとく

人々の幸せを理不尽にもぎ取ってしまい・・

残された人達は誰を恨むこともできずに

苦しみ、その苦しみをそれぞれが胸に抱えて今を生きてます。










毎年3月11日は・・

14時46分から1分間

サイレンがこの町中の隅々まで響き渡ります。



その音は・・
あの日に引き戻されながら
様々な感情を入り乱れさせて
体中の奥深くまで突き抜けていきます。







何も・・この町では特別な慰霊祭は行われていないけど・・


こうして・・

海に向かって手を合わせに来る人が・・





また来年も。。その先もずっとずっっと・・・・。



亡くなった方の冥福を祈り、
そして、また一年、がんばろうと静かに奮い立たされ・・
今を生きて行くんだろうと思います。










Posted byにゃん太

Comments 14

There are no comments yet.
ズクねこ  
No title

新しさが辛くて悲しい…、
決して忘れることはないですよね。
少しでも気持ちが癒されますように
街が復興しますように。

2017/03/13 (Mon) 20:37 | EDIT | REPLY |   
satchanpychan  
No title

津波の爪痕が凄いですよね😢

建物にも心にも😵
此方でも南海地震に備えて堤防を強化しています。
海岸線は工事中です😅

2017/03/13 (Mon) 10:16 | EDIT | REPLY |   
samrin  
No title

おはようございます!

6年…
まだまだ完全に戻るまで時間がかかりそうですね
ちいさな町にも津波の被害の跡が残っているんですね
被災地の方達にとってこの6年は本当に辛く悲しく苦しい
6年だったでしょうね
私も毎年この人達ともにこうして「3.11」の日を忘れないために
亡くなった方達の冥福を祈り毎日を大事に「今を生きていく」
この言葉を心に刻み暮らしていきたいと思います

2017/03/13 (Mon) 08:26 | EDIT | REPLY |   
akane  
No title

普通の事が一瞬に失われ6年経っても傷は癒せないまま過ぎて行ったんでしょうね。
テレビでお婆さんが、戦争より辛いって言ってました。
戦争は恨む相手がいるけれど天災はぶつける所が無いって。
それでも、皆さん復興の為に頑張っている姿は私達も力をもらってます。
完全になるまでには何十年もかかると思いますが、
風化しないように伝えて行く事が大切ですね。

2017/03/13 (Mon) 06:55 | EDIT | REPLY |   
Jenny  
No title

残された家族にとっては本当に長い6年間だったことでしょう。。。
見た目には復興しているように見えても見えない傷は癒されるのに時間がかかるんでしょうね。。。
毎日を大事にしたいと思いました。⭐️⭐️

2017/03/13 (Mon) 04:39 | EDIT | REPLY |   
エルフママ  
No title

だんだん、復興も!

この日は忘れることはない

モット早い復興を!

2017/03/13 (Mon) 00:19 | EDIT | REPLY |   
リネンまま  
No title

もう6年経つのですね。
さくら庵をオープンしたすぐ後に
まさかあんな大きなことがあるとは 思ってもいませんでした。
さくら庵は 震災とともに 年を重ねてきました。
そして これからも 寄り添っていきたいと思います。

2017/03/13 (Mon) 00:16 | EDIT | REPLY |   
ねこたつ  
No title

まだまだ、全く傷は癒えないと思います。
祈る続け、少しでも支援し続けて行きたいです。

私事ですが、私は震災の直後、
当時付き合いのあった人から、震災絡みで色々中傷され、
気持ちが滅入った上に、病気で倒れて、
本当に陰鬱な日々を過ごしていたんですが、
夏ごろだったか、「にゃん太通販」さんを知り、
以後、楽しい時間を過ごさせて頂いています。
これも、ご縁だと思います。
震災絡みで落ち込んだ気持ちを慰めてくれたにゃん太さんが、
被災地出身の方と知り、本当にご縁を感じています。
これからも、ご協力して行きたいです。

2017/03/12 (Sun) 22:08 | EDIT | REPLY |   
misae  
No title

あの日から6年ですね。
7年目もみなさまこうして祈ってらっしゃるんですね。
こうして堤防も新しくなり復興も進んでるようにも見えますが
まだまだ進んでないところもたくさんですよね…
1日も早い復興を祈るばかりです。

2017/03/12 (Sun) 20:45 | EDIT | REPLY |   
chachamama  
No title

こんばんは。
これからもずっとずっと続いていきますね。
忘れないです❗
未だに見つからない家族の方々の心が痛みます。
合掌🙏

2017/03/12 (Sun) 20:02 | EDIT | REPLY |   
nyafield79  
No title

昨日たまたま仙台の水族館に行ってて、高速から見える海側の風景がのっぺりとしてて、時折重機が作業しているのも見えました。
もう6年、まだ6年、いろいろ思うことあるけど、この先もずっと忘れない日であることには変わらないと思います。

2017/03/12 (Sun) 19:39 | EDIT | REPLY |   
ゆうちゃん  
No title

私もすごく心配しました。大学の同級生の中には岩手とかの出身の人も多くて。
実家の青森も停電が3日続いたりと・・。
その時は私は大阪で居ましたが、私が結婚して関西に来たのは「阪神大震災」の年の夏・・。
がれきの山の状態があちこちにあり、その時は今のように携帯電話もなくて、それこそすごかったですね。
自然の災害とはいえ・・考えることが多いです。
普通の暮らしがどれほどしあわせなのか・・改めて考えることが多いです。

2017/03/12 (Sun) 19:07 | EDIT | REPLY |   
ぽっぽnekochan  
No title

こんばんは~(*^_^*)

私も、この事実は絶対に忘れることができません。

これから先もずっと、母の法要と同じです。

にゃん太さんが記事にしてくれた、この画像を見て、また心にぐっとくるものがあります。

七ヶ浜町の様子を見せてくれて、ありがとうございます。

いつか必ず自分で赴いて、海に向かってお祈りしたいです。

2017/03/12 (Sun) 18:36 | EDIT | REPLY |   
みっちゃん  
No title

そうですね私たちはこれからどう生きるかあるいは平穏に暮らせる日々を感謝するそーゆーことを考える日ですよね
原発はうまくいってあと50年廃炉までにかかるそうです、今生きてる人が死に絶えてそれでも廃炉にできるか分かりません
取り出した廃棄物され行き先も決まっていないんですからそれでも前に進むしかないのね
どうしたらいいんだろうって思いますよね

2017/03/12 (Sun) 17:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply