ゴエママさんの友Sさんの猫たちへの支援について

にゃん太

みなさま・・
前回の記事を読んでいただき
一緒に胸を痛めながら
お気持ちを寄せていただきましたこと
とても、とても感謝しております。

長い文章を最後まで読んでいただくだけでも
ありがたいことなのに・・

「自分にできることを何かしたい・・」という声を届けてくれたり

みんながSさんを想い
遺された猫たちのために出来る事を模索してくれている事に
ただ・・ただ感謝しかありません。。





昨日(7/31)は ・・Sさんの告別式でした。

そのあとも・・
一晩中、Sさんの傍にいたゴエママさん。。

その場でSさんの親族たちが発する会話は
耳を塞ぎたくなるような酷い言葉の数々で・・ 
傷つき、怒りでおかしくなりそうなほど
それは聞くに堪えないものだったそうです。



「餌をやらずに餓死させろ」
「窓を開けて外に逃がせ」
「センターへの引き取り代など勿体無い」
ほしいのは保険金だけ・・

ゴエママさんのtwitterに書かれてたこの言葉を見た時には
多くの人が怒りや憤り、哀しみに打ちひしがれました。


きっと・・この言葉の何倍も・・何倍も・・
身体の震えが止まらなくなるくらいに
その場にいたゴエママさんは怒りと悔しさに陥ったのは想像に容易いです・・



でもっ!ここで怒って 言葉を発してしまうと・・

"今はまだ自分に権利がなく、法的に「Sさんの所有物という位置づけの猫たち」"
なにされるか分からないっっ!!

自分が知らぬ間に、猫たちをどうにかされてしまう恐怖を感じながら・・

今ここで・・怒りにまかせて、声を発するわけにはいかない。。

ぐっと堪えて、堪えて・・耐えなきゃ・・

そうして昨夜は怒りで一睡もできなかったそうです。。


その酷過ぎる言動や振る舞いは「明らかに愛護法違反な内容」だからと
警察にも相談して対応することもゴエママさんは考えています。





ほぼ毎日のようにゴエママさんと連絡を取り合っていますが・・
彼女の消耗はとても激しく・・
非常に心配でなりません。。。


今自分が倒れるわけにはいかない。。
ただただ・・その気持ちだけでなんとか立ってるだけ。


昨日だけでも、預かりや支援の連絡を含めて
20件以上の連絡が入っていて
シェルターの連絡先として公開している電話も鳴りっぱなしの状態です。

その対応に追われ、
さらに対応が出来なくなっていることにも
申し訳ない気持ちになりノイローゼ気味になってしまいそうな精神状態に陥っています。




そこで・・
Sさん及び、遺された猫たちに関係する事での
質問や連絡については
しばらくの間は、ゴエママさん指示の下で「私、にゃん太」が窓口となりました。

まずは、当方へ連絡いただければと存じます。
ゴエママさんからの指示の下、しっかりとご質問にお答えさせていただきます。


bu-mail.png

【1】当方のtwitterダイレクトメッセージ(DM)

【2】お問い合わせフォーム(にゃっ展用を急遽使用)

このいずれかでお願いします


なお、すぐに返信するように心がけますが
通販業務などと平行しなければならず、
喫緊の事案以外や、質問が想定の範囲を超えた場合については
お時間がかかる場合もありますのでご容赦ください。
また、誹謗中傷などにはお答え出来かねる場合もありますので
ご理解のほどお願いいたします。
なお、(2)の問い合わせフォームをご利用時
自動送信メールが届かない場合には、メール不着などが考えられますので
ご連絡をお願いします。




654654.jpg今現在、いただいてる質問の多くについて
そのお返事を下記のようにまとめましたので、こちらを参考にしてからご連絡いただけると助かります。



19-08-02.jpg

Sさんが居なくなったことで 猫たちが不安になり食欲不振になっている。
そのためフードの好みが分かりにくく、色々購入し食べてくれるものを探している状況

Sさん親族が「飼育放棄証明書」にサインし、手続き完了となるまでに1週間程度かかる。この手続きが完了しないと、猫の移動や譲渡などが出来ない。
(ただし、動物病院に連れて行くことのみ可能)

Sさんの家には、まだゴエママさんと妹、母以外は立ち入れない。




2019-08-0225455.jpg
血液検査とワクチンで1頭あたり1万円が最低かかる(30匹で30万円)
(これは今後の譲渡の際に必要な証明書です。親族以外Sさんの私物に触れられない理由から家の中を探すことができないために行います)

家賃、さらに暑さ厳しいためエアコンをフル稼働していて8月の光熱費の負担が高まる

猫砂やフードなどの飼育にかかる費用




32019-08-02.jpg

現在、すでに預かりのお申し出の連絡が少なからず入っています。
九州などの遠方からのお申し出もあるそうです。
声を上げていただいてる方々も
それぞれに保護活動をされていたり大変な事情の中で
協力したいとお申し出いただいていることは
同じ立場の者として、ゴエママさんは涙が出るほどありがたく感謝しておられます。

しかし今、どこへどうするかを具体的に、決められる状態ではありません。
今日が告別式だったのですから。

どうか!もうしばらく待っていてください。



まだ、猫たち各々の年齢や性格など1匹ずつの情報が把握できていない現状です。
まずは、1頭ずつ病院へ連れて行って健康状態をチェックしてから
一つ一つクリアにしていきます。

どの子をチェックしたのかさえも、現フリーの状態では分からなくなってしまうため
病院へ連れていきながらケージに入れ分けながら見定め・・お世話をしやすい環境を作ります。

そうして、どの子をどうするか・・を判断ができる体勢作りには
まだしばらく時間がかかってしまうだろうとのことです。

それらの準備が整いましたら
あらためてしっかりと発信をさせていただきます。


【苦楽を分かち合ってきた無二の友が残した愛猫たちを どの子も必ず幸せにする。】


そのために全力を注ぐことを
ゴエママさんは 昨日最期のお別れの時にSさんと約束してきました。

どうしても焦る気持ちや急がなければという気持ちに押しつぶされ流されてしまいそうですが
きちんと約束を守るためにも、
だからこそ、丁寧にしっかりやりたいと思っておられますので
その点もご理解いただけると助かります!




20188888.jpg
ゴエママさんのシェルター及びお手伝いのお申し出もいただいてます。
マンパワーはとてもありがたく、すぐにでもお願いしたいところではありますが、
「飼育放棄証明書」が受理されてから対応をさせていただきたいとのことです。

現時点で、ゴエママさんは親族や警察などの対応に追われてる段階のため
自分のシェルター、Sさんの猫達の世話・仕事と・・
これ以上の事の対応が全くできない状況です。


そこで、今時点でお申し出の連絡をしておきたい方は私へお知らせください。





2019-08-02.jpg
13131.jpg
【ゴエママさんへの支援物資は、一時ストップとさせてください。】

現在、受け取りをする余裕がなく、ボランティアさんも含み
みんながギリギリの状態で動いています。
当然ですが、それぞれの生活もありながら、普段から手伝ってくれてるボラさんたちです。
そこにさらに負担が生じている状態となっています。


「誰か一人でも代理で受け取れる方はいないのかなぁ?」
「局留めにしたらどうかなぁ?」・・など 思ってしまいますが
今は、普通ではない状況であるため、それすらも対応が負担となってしまっています。

[Amazonほしい物リスト]へ 記載の支援物資は
日々切実に必要なものですので
お気持ちは本当にありがたいですが
どうか!受け取りが出来るようになるまで、
今しばらくお待ちください。お願いします。


そして、これはとても言いづらい事なのですが
切実な問題として、資金があげられます。
そこで、物資を届けようと思っていただいてる方は金銭的支援にしていただけると助かります。
先述した通り血液検査費用や多くの諸経費などがかかっていきます。
これをゴエママさんの自己負担で賄う事が出来ません。
どうか、どうか・・ご理解いただきご協力をお願いいたします。


img_2_m.jpeg
951.jpg

ゴエママさんのシェルター「ねこのおうち」
普段からシェルター運営のための支援口座がありますので
ここへお振り込みください。

【口座名:一般社団法人ねこのおうち】
 シャ)ネコノオウチ

*ゆうちょ銀行から送金の場合
記号  10610
番号  51227861


*他金融機関から送金の場合

ゆうちょ銀行/ 〇六八(ゼロロクハチ)支店

普通預金  口座番号  5122786 



また時には・・あまりに少しなので・・と躊躇される方もおられます。

にゃん太通販でいつも感じることですが
みんなのお買い物ポイントなど
その一つ一つは小さな額であっても
コツコツ、コツコツ積み重なると
大きな支援に繋がります。

にゃんにゃんBOXもそうですが・・
昨年は100名近い方からの贈り物が届き
それを詰め合わせて販売し
結果100万円という大きな支援となりました。

img_17_m.jpeg



みんなが少しずつ手を取り合って
それぞれが負担のないくらいで行えることが一番いい形だと思うのです!




img_32_m.png
普段から1口500円でお預かりしていますので
ここへ「ゴエママさんへ」とメッセージ入れてお申し込みいただければ
必ず全額お渡しいたします。


もうすでに・・
この猫十字へ通販お客様やゴエママさんへ渡してほしいと支援が届いてますので
随時明細へ記載しました。
ある程度まとまりましたら、まとめてゴエママさんへ責任を持ってお渡しします。



ご支援は「ゴエママさんシェルター支援口座」or「猫十字」
どちらを使っていただいても同じですので
ご自身がやりやすい方法でお願いいたします。





img_2_m.jpeg
ゴエママさんは個人で18年前から保護活動を地道にされてきました。
賃貸でシェルターを借りてWワークをしながら支援を求めることなく必死に活動してきました。

そうして昨年、シェルターの賃貸料を払い続けるよりも
安い物件を購入してしまった方がいいということもあって
アドバイスを受けながら、一般社団法人としてシェルターの運営をスタートしました。

しかし、現状はゴエママさんの他にSさんなど
お手伝いいただく数名のボランティアさんの力を借りて行っているため
運営とはほど遠い状態が続いています。

image.png


昨年末・・
ゴエママさんはSさんに・・

「キツイねえ・・」
「支援が思うように入らないのは、自分のせいだよな・・」とこぼし。。

このままでは、シェルターを運営し続けるのは難しいと悩み
二人で涙してしまった・・っと・・
私に今年始め頃、話してくれました。

img_14_m.jpeg


辞めていたWワークも結局・・
再開しなければならなくなり・・
シェルターの継続を悩み始め
負担が重い法人税を払う必要がなかった個人だった時の方が・・
まだ・・よかった。とも思ったり・・

そんな中で・・

Wキャリアののぞみママ
胸線型リンパ腫で娘のかなえちゃん
15年も一緒に過ごした飼い主に捨てられ殺処分されるところだった美名子ちゃん
・・・っと

この半年だけでも、見送りが多く心を擦り減らすことが続いて
Sさんと幾度も涙を流してきました。


D_M6afMU4AANbSD.jpg



我々、にゃん太通販でもシェルター立ち上げ後から
何回かその都度ご支援してきましたが
確かに、そのタイミングは
ゴエママさんが切羽詰まって「この子の医療費を!」っと叫んだ時にお渡ししてた。

その発信を見て動く・・だったなぁ・・

そして、ゴエママさんには多くのフォロワーさんがいることもあって
普段から支援は そこそこいってるだろう。っと・・勝手に思ってた。

それと 同じことを思ってたと ひなポプさんも言ってたっけ。。

意外にゴエママさんのtwitter発信を見てる人は
もしかしたら、そう思ってる方が多いかもしれません。


彼女自身、もともと、一般社団法人にする前までは
支援を求めることはせずに
自分でコツコツ頑張ってきた方です。


「支援お願いします!」っという言葉を積極的に発することが苦手な性格・・


それは、彼女の周りにいる人は
「そうそうっっ!! そうなのよぉ~っ!
 もうちょっと上手にやれる性格ならねぇ・・」っとうなずいてるだろうにゃぁ・・


そして誰よりも・・一番!傍に居たSさんが 。。

今、天国から叫んでるに違いない。。





そんな涙しながらもお二人は・・

でも!今いる仔たちのために
歯を食いしばらなければっ!!
弱音吐いてられない!
「ゴエモンとシロ太」が天に召されるまでは・・倒れるわけにはいかない!


っと・・気持ちを奮い立たせていた矢先のSさんの急逝でした。。







img_2_m.jpeg
SさんはSNSなどの発信をしたことがありません。

自分がやってる事で
評価を求めるわけでもなく
支援を求めたりすることなく

ただ・・ただ・・純粋に 猫たちへの愛情を注いできた方・・

生活は猫と自分が暮らすための最低限ギリギリの中で
Sさんもゴエママさんと同じように、Wワークをして踏ん張ってた人です。


きっと、日本中に、そういう方が
いっぱいいるでしょう。

表に見えてないけど・・とてもとてもいっぱい。。

そういう地道な保護活動に身を捧げてきたSさんが・・
突然命を絶たれてしまった。。

生涯猫たちに無償の愛で接し続けて旅立った Sさん

彼女が残した愛猫たちを
絶対に幸せにする!

今、ゴエママさんを支えて 
立たせてくれてるのは この一心です。


だからこそ、出来る限り
Sさんが残した30匹の猫達は、ちゃんと幸せを繋げてあげたい。。

どうか! そのゴエママさんの気持ちを感じて察してもらえたらと・・願っています。




img_2_m.jpeg

Sさんは・・
自分の家に猫を保護して入れる時は、あえて仔猫ではなく、
成猫を迎え入れるようにしていたそうです。

仔ねこは一般的に里親が決まりやすい。。

しかし成猫はそうはいかない。。

そうして・・
人慣れさせてから、地元の団体の譲渡会へゴエママさん経由で参加させ譲渡をしていたそうです。

本当に地道に地道に。。猫たちに愛情をかけ、幸せを繋いできた方です。。


Sさんの事を聞けば聞くほど・・
残念で・・無念で・・悔しくて・・たまりません!




img_2_m.jpeg

今回、Sさんが「にゃっ展」を手伝ってくれたご縁から
こういう形で窓口に立つことになりましたが・・
Sさんのために私にやれる事があったことに感謝しています。

そして、何か私も出来る事を・・っと思っておられる方々の声を
ゴエママさんへ届ける役目を担った限りは
精一杯行いたいと思います。


そして、これからも、ゴエママさんががんばり続ける間は
にゃん太通販でもできるバックアップを続けていきたいとあらためて思いました。




もしかしたら、
シェルター収支報告がすぐに出来ていないことを
色々おっしゃる方も中にはいるかもしれません。


その収支報告も手伝っているひなポプさんが・・
ゴエママさんのシェルター「ねこのおうち」の公式ブログを

もちろん!これは前回お伝えしたように
担当してるひなポプさんが自発的にされたものです。

ひなポプさんも保護活動でパンパンな中でも
ゴエママさんのために出来ることを陰でやっています。

保護活動をしながらですから
当然ながら、収支報告もそう簡単に出来るものではありません。


みんな必死に支えあって頑張っています。


時間がかかっても今回いただいた支援や
かかった使途はきっちり報告するはずなので・・・
そこまで辿り着くには
まだまだ時間がかかるかと思いますが
そこはご理解いただけることを切に願っております。





654654.jpg
ゴエママさんから、シェルター運営が厳しいことや
支援がなかなか入っていないことなど、
苦しい胸の内を今年始めに聞いた時・・
何かこっちでも、もっと直接的に支援できる方法がないものか。。っと旦那ちゃまと考えました。

猫十字やにゃんにゃんBOXからの支援以外で・・
他に方法はないか?・・・

我々にできることで・・と・・

そこで、我らにとっても初の試みになり、どの程度の支援になるか?わからないけど・・
支援カレンダーを作って販売してみるのはどうかな?っと提案すると・・。


「それ!!やりたかったことなの!
何かグッズ作って販売したら?っとも言われたこともあるし・・
少しは運営費の足しになるよね!ぜひやりたいっ!」と・・


ならばっ!!
「よしっ!じゃぁ~やってみるかっっ!」っと・・約束していました。


そして1ヶ月前くらいには、
カレンダーで使えそうな写真をちょうだい!っと伝えていました・・

しかしゴエママさんのtwitterを見てる方は察しがつくと思いますが
それもままならないくらいな状況が立て続いてて・・。


でも!こういう状況だけど、
なんとか・・作ってあげたいと思っているので
もしカレンダーが完成したら、応援いただけるとありがたいです!


img_32_m.jpeg




mura.png

Posted byにゃん太

Comments 2

There are no comments yet.
にゃん太
にゃん太  
ありがとうございます!

内緒コメ様
お気持ちありがとうございます。
ゴエママさんへもお伝えいたします。
御心寄せていただきご支援も本当にありがたく
ゴエママさんも励まされ
これから困難に立ち向かわねばならない今・・
勇気が湧いてくるはずです。
本当に・・ありがとうございました。

2019/08/03 (Sat) 12:12 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/08/03 (Sat) 00:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply