にゃん太家として、そしてこれからの事

にゃん太

8月13日、我が家に7ニャンコがやって来て
3日が経ちました。


123_2019081623275123b.jpg



まだ3日だったの? もう5日くらい経ってると感じるほどで・・

ご飯食べる子、食べない子
おしっこした? うんPした??
風邪薬や目薬をしなきゃいけない子
ビビってる子と、撫でて欲しくてしょうがない子・・

旦那ちゃまと、その状況に右往左往して
やっと、今日ほとんど食べなかった子が食べるご飯がわかりかけてきたことで
第一段階の安堵の気持ちになりました。

456_201908162327527cd.jpg


この猫たちを無責任に引き受けた訳ではないけれど
正直、ゴエママさんの苦悩をずっと見ていて
言わずにはいられなかったのが本心です。

引き受けた以上は責任を持ってこの7ニャンを幸せにしなければならない。。

今は無事に到着した子たちにホッとしながらも
これからが大変だぞ・・っという気持ちに
頭は一気に切り替わりました。


きっと・・
我々の事を知る人たちは呆れてるはずです。

日々、通販業務やにゃっ展やにゃんにゃんBOXで
一年が息つく間もなく過ぎ去っている事を知ってる方々は
おそらく「あぁ~~ぁ~っ」という声を発してるのが
リアルに聞こえくるようです。。ははは・・





我が家は過去に那須に住んでいた時に
家の前に現れた仔猫を2度(6匹)保護譲渡したことがありますが

blog_import_5d282bb3b690d_20190817014725854.jpeg


成猫の場合は、お世話の全ての労力が倍増!
当然ながら消費量も排出量も時間もっ!
これは大変だぞっ!

気合いだけではどうにもならないぞ!
他の事もやりながら、ちゃんと責任を果たすためには
きっちり段取りを考えてやらなければ、あちこちに支障きたしたりミスが出たり
迷惑をかけることになる。。

そういう意味で、冷静に落ち着いてやらなければならない。

来た猫たちの可愛さにウキウキしちゃう気持ちとは別に
旦那ちゃまと「焦っちゃダメだ。深呼吸だ。」っと必死で心を落ち着かせようとしています。




あと半月先にはにゃんにゃんBOXも動き出すことになる。。
そして、実は告知したくてもできてなかったけど
来年の「にゃっ展」が決まってしまって
それもずっと告知できずにいます。
来年は、今までで一番規模が大きい形になる。
他のこともやりながらだから、今から準備しないと間に合わない。


そのため、先月7月感謝祭を行って、やっとにゃっ展からの寄付もして・・
7月中ににゃっ展報告記事も書き終えて、これで8月から準備に入れる!

そう予定していました。



その状況下で・・報告記事も書けてない状態のまま
今・・7ニャンの預かりを引き受けています。



そんな事言うなら!
「受け入れなければよかったじゃないか」
「Sさんの事で寄付を渡しただけにすればよかったじゃないか」
「自分から抱えたんじゃないか」


ほんっと!その通りです!

自分でも自分にそう言ってるくらいですから。



だけど・・
にゃっ展を手伝ってくれたSさん。。
そして、こんなにも非情な苦しみを背負ってしまったゴエママさんを目の前にして
我々にできる事をしたいと強く思う日々を過ごしてきた中で今の決断があります。


「やるしかない」


前以上に余分な時間が無いのだから
その中でやれる方法を見いだし、工夫して「やるしかない!」


まずは、ひとつひとつ・・心を落ち着かせて・・


このような状況なので、
今年のにゃんにゃんBOXは、これまで以上に
みんなにお願い事が出て来ると思います。

「贈り物を送る時にはこうして欲しい」
「分かりやすいようにリストを付けて欲しい」

などなど。。

その点を協力いただけると本当にありがたいです。。

このにゃんにゃんBOXの件については、早めにまたお伝えしなければと思っています。
もうちょっと待っててください!






そして、このブログを読む皆さんはすでにご存じの通り・・
Sさんの遺猫たちの事について
これまで、ゴエママさんは到底きちっと発信が出来ない状況に陥ったことで、
この発信をサポートする事を提案しやってきました。

それが、その時我らに出来ることだと思ったからです。

そして、この間、あまりに非情なSさんの親族とのやり取りや
警察の事、その状況で動けぬ猫たちの状況、
それらを日々刻々と代わる状況の中でその都度、頭を抱え悩み苦しみどうするべきかを
話し合ってきました。

その間の様々なお申し出は、一度こちらでお預かりして
ゴエママさんの状況を見計らってお伝えする事もやってきました。

しかし、そのお申し出の内容については
私は絶対に口を出してはいけないと思ってきました。

それは、当然ながら「預かりの申し出」など、私が普段やっていない保護譲渡に関わる内容であるからです。
自分自身に経験がほとんど無いのに、その事について自分の考えを言ったり主張する事は決してやってはいけないと思い、その事ももちろんゴエママさんへも伝えていました。
そこだけは、しっかり線を引いて、その部分は伝達するのみに徹底しておかないと
私の存在自体がゴエママさんにとって負担になっていきます。
極限の苦しみの中にいる彼女にとって、
どんなわずかなストレスも与えてはいけないと考えていたからこそ、そうすべきだと。


仮にもしも、多い少ないに限らず保護譲渡や預かりを経験していたとしても・・
そのやり方や方法など、みんなが微妙に違います。

どれが正しい・・というものではなく
その人それぞれのやり方、
地域によっても適合しない事もある・・
「保護」「譲渡」と同じ事をやっていても
その違いがこんなにもあるんだという事を色んな人の話を聞くとつくづく思います。


そのやり方を互いが主張するのではなく
それぞれを参考意見として認め合う事が大事なのではないかと思います。

そうして・・自分のやり方をもっとより良いスタイルにしていけたら・・
そのために意見交換をするのはいいけれど
それを主張して自分の意見を押し付けたり、
間違っていると言う事をしてはいけないと思うからこそ
今回のSさんの猫たちについては、
私はそこに口を出してはいけないと考えてそうしてきました。


このSさんの所有物であった猫たちは、一応、法的にゴエママさんに「一任」された状態です。

そういう、意味でも、特に今回は、ゴエママさんの意志が重要になります。
本人が納得する形でなければならない。


一任された事により、ゴエママさんは警察や弁護士にこの猫たちが、それぞれどうなったかを行き先の情報を含めて報告する義務も生じているそうです。


そういう点でも、通常の「保護・譲渡・預かり」という状況とは
また違う面をはらんでいて複雑にしています。




今、お盆の期間ということもあって
まだSさん家に居る猫たち9頭についての預かりさんや里親の募集は
このお盆明けに、また病院へ連れて行き写真を撮ってからになるわけですが・・

この残り9頭を含む、Sさんの猫たちの里親募集サイトを作り
みんなにも分かりやすく見てもらえるようにしなければならないと思ってきました。

そして、これを我が家で作ることも考えていましたが
我が家は7頭を預かったことで、その全てをやるのはかなりヤバい・・でもやるしかない。。っと思ってた矢先・・
ひなポプさんが「お盆休みのうちにちょっと作ってみた!」っと・・
「ねこのおうち」の里親募集サイトを作り始めてたのを見せてくれました。

fbd46b039ce15216e3981167b76a83fa_54d20b3b9a4efda19e3ac1b81a23ab7d.jpg


ゴエママさんにずっとお世話になってきたからと・・
自身も保護活動をしながらもひなポプさんは自分に出来る事を探してやってくれているのです。

みんなが、自分に出来る事を探して
支援してくれる方、応援してくれる方、
本当に沢山の方に支えられて、今Sさんの猫たちは幸せ切符を手にしようとしているのだと思います。


このまま、この「にゃん太のブログ」で、状況発信をしていくよりも
この公式サイトから、発信していく方が
みんなも分かりやすいはずです!

そこで、ここへ、今後は私がやってた「状況発信」および
「預かりさんの条件」「里親・預かり募集の猫たち情報」などの全てを掲載していくこととします。


そして、この「にゃん太のブログ」では
我が家の事として「預かり」7ニャンコたちを発信していくようにします。


もちろん!公式サイトの更新はひなポプさんだけに押し付けるのは負担が重いので
一緒に更新作業を行っていく予定です。




なお、緊急事態として「ゴエママシェルターの支援口座」以外にも
当方の「猫十字」でもゴエママさんへのご支援を承っていましたが
ここで一端、みなさまからのご支援を全て明日くらいにはゴエママさんへお渡しいたします。
(お振り込み確認が取れた方のみ)

今後は「ゴエママシェルター支援口座」の方へお願いいたします。
【ご支援金振り込み先】
口座名 : 一般社団法人ねこのおうち
*ゆうちょ銀行から送金の場合
   記号 10610 番号 51227861
*他金融機関から送金の場合
   ゆうちょ銀行/ 〇六八(ゼロロクハチ)支店
   普通預金 口座番号 5122786



(あっ!通販のお買い物で多めのお振り込みなど、随時ご指示をいただいた場合や、間違って猫十字に入れて来ちゃった方には、ちゃんとゴエママさんへお渡しするように対応するので安心してにゃっ!)


そして、これの使途についても
当然ながらゴエママさんにお任せとなります。


なお、途中から、Sさんの猫たちへのご支援については
シェルターと両方に使ってもいいという事を明示した形でご支援いただくようにしてましたが、
今後は基本どちらにも使えるという形でのご支援とさせてください。
実際に、Sさんのお家への第三者の立ち入りは、お盆明けくらいにはと予想していました。
しかし、それはSさんの親族がお盆期間中に来て、遺品整理をする話であったからです。
Sさんの私物がある状態では、第三者の立ち入りが許可されないためです。
そのために、まだしばらくの間はゴエママさんと娘さん、お母様が
Sさんのお家へ通い続けなければなりません。。
そのこともあって、ゴエママさんのお家に居る糖尿病の猫たちに負担がかかり入院する事になりました。
そういった、影響もあるわけなので
ご支援金は両方に使える形であって当然ではないかと私は感じています。

Sさんの事があったことで、福島の猫ちゃんでゴエママさんに甘える子だった「さわ」ちゃん」を看取ることができず病院で逝かせる事になってしまいました。

ゴエママさんの悔しさを思うと、さらに胸が痛みます。

159.jpg


通常のシェルターの方の支援物資も受け取りスタートしたくても
まだ落ち着かない状態なためストップのままにしたいとおっしゃっています。
仮に受け取れても、中身を開けて整理する時間が無いそうで、
そのまま放置させてしまうような事は出来ない!と、
必要な物を自ら今は購入する方が時間的負担が軽減されるようです。

その点もご理解いただいた上でご支援いただけたらと思います。




ありがたい事に、我が家に来た7頭にも使ってほしいというお言葉と共に
猫十字へご支援いただいた方もおりました。
そのお気持ちは、心底嬉しかったです。

しかし、我が家は預かりという立場・・
それは、そこにかかる費用は当然ながら自己負担が当たり前だと思っていました。

きっと、預かりのみんなはそうしているのだと思っているからです。


ゴエママさんは、7頭にかかる医療費などかかった分は請求して欲しいとおっしゃっていただいてます。そうしないと困ると。。

しかし、実際にシェルターの運営が切迫している事や
Sさんの猫たちにかかる費用が、まだ分からない状況など・・
収支については、これからしっかりやっていくべき部分だと思うので
今はっきりしたことは言えません。

そして私が口を出す部分ではないと考えています。




IMG_2416.jpg



今・・我が家は・・
とにかく!!

7頭の幸せを責任もって繋ぐこと。。

ただ・・ただ・・ただ・・この一点に尽きます。


すでに、来た日から、怖がる事もなく
とても、甘えん坊で、常に一緒にいたいとせがむ子もいます。

一緒に常に居てあげられない我が家の状況では
そういう子を見てると、とても辛くて、早くこの子に里親さんを見つけてあげて
幸せを謳歌させたい。。


そのためにも!

赤い糸をしっかり握ってる里親さんをたぐり寄せられるように
いっぱい可愛さアピールしていきたいです!



我が家に7頭が来た翌日に・・
チュールが届きました。


IMG_4402.jpg


「うちで食べきれそうもないちゅーるがありましたので よかったら!」っと
通販のお客様から突然届きました。

お付き合いのやり取りがなかった方であっても
Sさんの猫たちの事に胸を痛めてくれてる方々が
こうして我が家へやって来た子達にも心をかけてくれていること。。

やっぱり!猫の繋がりってスゴいなぁ〜〜

猫を幸せにしているのではなくて
猫から幸せを・・お金では買えない素晴らしい人のご縁をいただいている・・

そうつくづく思います。



これからが大変であることは重々身にしみています。

でも・・Sさんが愛情深くお世話をしてきたこの7ニャンコたちを
絶対に幸せにするために我々は頑張るしかないと思っています。


我が家に来た日の様子は・・また後日記事にしたいと思います!


mura.png


Posted byにゃん太

Comments 1

There are no comments yet.
akane  

こんばんは!

7匹の受け入れ凄く覚悟の言った事だと思います。
すこしでもこの状況を皆さんに知ってもらいたいので
私のアメブロに載せていいですか?
Yahooブログてったら転載があったのにね。

色々大変でしょうが、にゃん太さん夫婦、無理をなさらないでくださいね。

2019/08/17 (Sat) 21:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply