タマとひとつになった日 2020/9/9 20:20

にゃん太

昨年までは・・
怒濤のにゃんにゃんBOXにまみれてた時期だなぁ・・っと、ふと思った。。

EID9DphUcAAPTvM_202011061302363c1.jpeg


10年間やって来たBOXを、たまたま昨年で一端お休みを宣言して
今年はちょっと一呼吸っと思ってた そのタイミングで・・タマの事が起きるなんて

都合が良すぎる。
なんなんだろうなぁ。。

DSC_4864_202011061302340eb_20201106142240aea.jpg


もしも休みを宣言してなかったら
タマの病気を抱えながらでは今年はきっと無理だったにゃぁ。

blog_import_5d289bca98dc6_20201106130233d15.jpeg

DSC_8903_202011061310159fd.jpg



普段から「時」があっという間に過ぎ去る系の我が家だけど。。
この4ヶ月は・・いつもとは違う過ぎ去り方だった・・

毎日が気が抜けない緊張感の連続だった・・っと今になってやたら実感


そしてやっぱり、
いつものように、次々と予想外なことが舞い込み
毎日が過ぎ去る系。。ははは。。


あぁ・・やっぱり
これは間違いにゃいっっ!

我が家は常に・・
猫神様に動かされて生きてるんだ。。

そうとしか思えんっっ!

こうなったらっ!
とことん 猫神様にお付き合いして 生きていくしかにゃいのだっっ!

DSC_1765.jpg



タマが清く潔く すがすがしく・・
天国へ駆け上がったのは2ヶ月前の..9月9日 


その10日後・・
保護猫みぅがフリースを食って吐く事件が勃発!
IMG_9347.jpg  IMG_9348.jpg  IMG_9774.jpg


プレハブでケージ4つも接続した3LDK豪邸で
1日3回のお世話をしてたけど




「もっと一緒にいたいにゃぁ〜〜っ」と 寂しさMAXになり
カゴベッドに敷いてたフリースを食って主張した翌日、とうとう家の中へ連れて来た。

EiiijU5VoAEbPLB.jpg




さらに・・もう一つの出来事
タマが亡くなる直前頃に
7ニャンズ黒猫のん里親ママさんが悪性リンパ腫で入院するかもしれないと連絡があった・・
それは我々にとってもとてもショックな出来事で
なんとか力になりたいと思ったが
タマを抱えながら身体も気持ちもギリギリで
協力できることがそんなにあるわけじゃなかった。

しかし、入院日が決まった時には、タマは旅立っていて・・

・のん結石治療が始まったばかりだった事
・ご主人が毎日残業してる事
・ママへの依存度が高い事

全てを考慮して入院中の間、2週間我が家で預かる事になった。


■タマを見送った20日後 のん里帰りする
EjXptXoUwAEn062.jpg


保護部屋のみぅと、同部屋でキャリア同士だから
ケンカしてもなんとかなるだろうと思い提案したのだが・・

EjXpquCUYAAwutr.jpg


この「みぅ」「のん」ふたりを部屋に入れる決断は
タマと接触しない隔離部屋であっても
タマが居たら絶対にしなかったこと。


だからもしも1週間ズレていただけでも、運命は全く変わっていた。


IMG_9901.jpg


そんなジグソーパズルのように ピタっ・・ピタ・・っとハマってくことが
あまりに多いっす。

思わず...
「猫神様っ! はいはい!了解です!」っと言いたくにゃるのだっ!

あひゃひゃ。。

EllySsZU0AEmDSJ.jpg


こんな書き出しで始まってしまいましたが・・
前回の記事はタマの癌発覚と治療を書き
次の記事が タマを見送った話を書くことになるとは。。


実は「8/23 にゃん太まで病院へ行く」っという記事も書き始めてたのに
それも放置したままで・・
これを書くことになるなんて・・

でも!必ず「驚きのにゃん太事件」も書き残すっ!

我が家の大切な一コマだからにゃっ!

IMG_8513.jpg



ということで・・
ここで宣言します。

タマが最期まで立派に生き抜いた事を書きます。

タマが永遠の眠りについた時・・空に旅立った時・・

全部。。ぜぇ〜〜〜んっぶっ!
タマの全てを書き残したい。

IMG_4052.jpg


それをすることで「タマへの愛を全うできた」と自分が思える気がする。

自分でもなぜかわからにゃいけど
書きたいっ!書かなきゃっ!」という取り憑かれたような気持ちにゃのだ。

そして、タマという猫を通じて

「ネコって奴は すげぇ〜ぞっっ!」 
も、ちょびっとでも伝わったらいいなぁっと願ってる。


IMG_8562.jpg


【タマの腺癌治療経過】
(※細かい病院行きは省略)


■6/12(金) :診察

右後ろ足太もも部に気になるポッチン発見


■6/15(月) :手術

腺癌腫瘍摘出 + 犬歯2本抜歯と歯根の骨を削る


■7/3(金) :抗がん剤投与

投与直後、血色素尿が出てアナフィラキシーショック

抗がん剤投与の継続を断念



<ここまでは前回のブログに書いた>


タマはオペ後から食欲が落ちたためモグモグ作戦開始!



■7/28(木) :半導体レーザーで転移部取る処置

手術した右後ろ足太もも上部にポッチンを再発見

転移の可能性があるため今のうちに取る判断で

色素注入し半導体レーザー照射し壊死させて腫瘍を脱落させる

tama01.jpg


tama02.jpg



8/5(水) :みぅ捕獲器で保護




8/13(木) :ローズ肥満細胞腫3回目の顎〜首手術+犬歯2本の抜歯

EgNLEDIVAAAKY0R_2020110615482235a.jpg




■8/15(土) :壊死部の脱落

レーザー処置で壊死した転移部が、かさぶたとなって取れたため

その跡の確認の診察

腫瘍はキレイに取れていて一安心



8/17(月) :にゃん太事件勃発、連日病院へ行く

8-19IMG_8528.jpg




■8/25(火) :液体窒素で転移部取る処置

右前足の付け根付近にポッチンを再々発見

前回同様に転移とみて間違いなく、大きさが小さいため

液体窒素-200℃で焼き脱落させる

IMG_8622.jpg


一緒にローズの抜糸
(後日の病理結果:肥満細胞腫で悪性度は低く、腫瘍は全て切除された)
825roIMG_8626.jpg






当初からタマのアポクリン腺癌は悪性度が高く、とても厄介で
転移の速度も進行も早いと獣医に説明を受けていました。

抗がん剤の種類も2つしかなく
これがタマにとってアレルギー反応が出て使えなくなったから・・

あとは、免疫力を上げてタマの力にかけるしかない。


IMG_0506_202011061600455ee.jpg


でも・・不思議となんとかなるんじゃないか。。と思う自分がいて

「よぉ〜〜し!
免疫力上げるようにしてご飯もいっぱい食べようっ!!」

モグモグ作戦だぞっ!

gohan.jpg


食欲を失ってるタマに
ありとあらゆる介護食や高カロリー食を買いまくり試した。。

しかし、元々偏食気味なタマにとっては
新しい味はなかなか定着せず・・

結局、辿り着いたのは猫用のご飯ではなく
無添加で味が付いてない人用の食材に
サプリなどを足して食べていました。




それが何だったのかは・・
獣医でも見解が真逆だったりするのでここでは控えます。

ただ、大好きな刺身や鶏肉はもちろん!その一つです。


そして、一番大事にしたのは・・

「本人が美味しいと思って食べるもの」

「うまいっっ♪ うまいっっ!!」





人間もそうだけど・・
免疫力はストレスがかかることで下がるものでもある。

そして免疫力は生きる力とも直結してるから
その力を生む原動力は「楽しい!美味しい!嬉しい!」
そういう気持ちがとっても大事だと思います。

だからこそ、管理された病院ではなく暮らし慣れた我が家の方がいいわけで。。


IMG_8706.jpg


でも・・購入しまくった猫用フードを
「いらない」「これイヤ」「あれイヤ」っと食べなくなり
体重が減っていくのを目の当たりにすると
強制給餌をするか・・とても悩みました。

しかし・・タマにそれが可能かどうか。。


IMG_7660.jpg


猫の場合には、人間と違って、イヤイヤでもそれが出来る子と
意固地に頑として拒絶する子がいます。
もちろん、飼い主の技術の上手下手も影響するとは思いますが・・


タマの性格が手に取るように分かるだけに、無理矢理やることで心を閉ざし
全てを拒絶され、互いにとってご飯がストレスになる。

薬ももちろん、抱っこすることさえも逃げるようになる。

そんなタマみたいにイジイジするタイプは
薬でも一大事なのに、食べたくないものを食べさせられること
「食べることは生きること」だからこそ
生きることを頑固に拒否するようになる。


この頃から、なぜか?暗いクローゼットに籠ることが増えてたことも
強制給餌の気持ちを躊躇させた要因。

IMG_0734.jpg



じゃぁ。。どうするか。。


たとえ少しずつでも必要な栄養を摂取させながら
「うみゃいっ♪」
食欲がふっと湧くようなご飯をあげるようにしようと考えました。


IMG_5089_20201106221147754.jpg


そして、あとは・・
皮膚の転移を見逃さないで見つけること。

小さい小さいポッチン。。

乳首と間違えるほど 小さいポッチン。。

コレを見つけたら大きくなる前に、処置して脱落させ腫瘍を取る

DSC_7932_20201107140143a51.jpg


この皮膚の転移が、次々出来ると聞いていたからこそ
毎日、体を触って探す!

そうして発見した二箇所の腫瘍は、本人の痛みなどの負担が無い
人間の美容技術の応用みたいなレーザー治療や液体窒素で取ったので

この調子で、次々潰していけば・・きっとなんとかなる。。

そう信じて、疑いませんでした。


7-6-1.jpg



「体の内部にさえ転移しなければ」 大丈夫。。


内部にさえできなければ。。


抗がん剤が出来なくなったタマにとって
内部に出来てしまったら。。治療の術が無い。

15歳という年齢からも
手術したばかりだから、再手術は簡単な事ではない。。

腎臓機能は年齢のわりに数値が良かったからこそ
一度は手術できたけど。

この先は麻酔の負担もあるから明らかに効果が見いだせなければ
選択肢には入らなくなる。

7-9.jpg


そんなこの癌の現実も獣医から聞いていたので
そうではない未来だけを見つめて
今自分に出来る唯一の事
「ウマウマ作戦&ポッチン探し」

これに全てをかけて朝から晩まで・・必死に。。

タマに気持ちを置きながら一日がまわっていきました。


7-6-2.jpg


朝の起き立ては食欲があるので
そのタイミングを有効に使って液体系の食事と免疫UPの様々なサプリ


一度に食べてくれる量が、ほんのちょびっとなので
2〜3時間おきに小刻みにあげていく。。


「ウマウマだよぉ〜っ!」
「鮮度バツグンマグロちゃん買ってきたよぉ〜っ!」


さっき食べたものでも 次は食べない

でも翌日は食べる


コロコロ気分が変わって用意したものが
次々 却下されても
それはきっと、体が今欲してるものを教えてくれてるんだと思うようにした。

DSC_8215.jpg


今は・・刺身の栄養素が必要

今は・・鶏肉が必要・・ってにゃ。。


赤身がいい 白身がいい

生シラスや焼き魚、煮魚

味は付けずに、フリーズドライふりかけで香りを立たせて食欲上げたり・・

水は極力、薄めた「栄養価の高いみぅの粉ミルク」を飲ませるようにして。。

DSC_8206.jpg


食べたいものがハマるとガツガツっと食いつくけど
ムカムカするのか?手術した歯ぐきが違和感なのか?
すぐにピタっと食べなくなる。。

なので・・
一日に何度も「ちょい食い」

この一口が明日に繋がる。。
一口でも食べてっ!!

DSC_8208.jpg



そして最初は毎日体重を計っていたけれど
それに一喜一憂して追いつめられる精神状態になってる自分に気付き
これはマイナスだと思ってからは
数字じゃない!タマをしっかり見つめよう!

表情、毛艶、ご機嫌か、不機嫌か・・

そしてポッチンは無いか。。

DSC_8216_2020110623195647a.jpg


そんな日々が3ヶ月ほど続いた・・


タマの体重が落ちていても
タマ自身が痛みや苦しみなどの辛そうな症状が無く安定していたので
このままいけば・・癌も立ち去ってくれる。。
そう疑わなかった。。

DSC_8217.jpg



■9/4(金) 夕方:病院へ

パソ脇の定番のFAX枕で寝ていた時のこと・・
横目に入ってきたのが胸の上下の大きな動き。

開口呼吸はしていないものの、気になりすぐ病院へ連れて行った。。
レントゲンで肺に水が溜まってることがわかり即、酸素室へ。


IMG_8751.jpg


そして・・

「両肺の全域あちこち転移がある」
「右腕の肩が盛り上がっているコレは転移だね」
「胸水が溜まってるのを抜かないと、どんどん苦しくなるだけ」
「水を抜いてあげたいけど麻酔をかけたら意識が戻るかは五分五分」

「どうする?」



えっ・・なに?・・・

どうするって、突然言われても・・



「一度帰ってご主人と相談して 水を抜くなら明日にする?」


・・・・・。

あの・・一度帰るなら
酸素室があった方がいいですよね?レンタルできるのありますか?


「今は貸してて 無くて・・。。
 あっ!もしかしたら、その患者さん他から借りるかもって言ってたから聞いてみる?」


『お願いしますっっ!!』

IMG_8753.jpg



「すぐに!持って来てくれることになったよっ!!待ってて!」


そうして・・待つ間・・
酸素室に入ってるタマに声をかけながら・・
だんだん、頭が覚めてきた。。



このままタマを連れて帰っても タマは苦しさが続くだけ。
水を抜かなければ、ずっと苦しいままの状態で。。いずれ看取ることになる。

ここで、一か八か水を抜いたら・・
タマはラクになる。。

でも、もしも・・目を覚まさなかったら・・

それは、眠ったまま苦しまずに逝けるのだから 安楽死と同じ。
タマをラクに逝かせてあげれるってことじゃないか。。


でも今、この場で別れを覚悟するの?・・したくない。
もっと時間が欲しい。

だけど、それは自分のエゴ。

タマにとって 何が ベストなのか。。
それを考えなくてどうするっ!!

IMG_8754.jpg


もし一度帰って、明日また来れば・・
一晩じっくりお別れができる。。
だけど、その間もずっとタマを苦しませるだけ。

自問自答しながら・・
旦那ちゃまに電話してた。

それは気持ちが固まってから電話したというより・・
状況を説明していきながら 一つずつ整理ができ
決断している自分が居たのだった。。


そして 旦那ちゃまも気持ちは同じだった。。


『今すぐ来て!!』
普段使わないタクシーを調べ飛び乗った 旦那ちゃま。

獣医にもすぐこの気持ちを伝え頼んだ・・

「今 抜いてください!」

 
「分かった。 すぐやれるけど、ご主人待たなくて大丈夫??」


『いいです! タマを一刻も早くラクにしてあげてください。主人もそう言うはずです。』


そうして・・
診察時間も過ぎていた中で準備を始めてくれた。。

その準備する・・ほんの数分の間。。

タマと最期のお別れを覚悟して
なで、なで、なで続け・・話しかけた。。

「大丈夫だよ。大丈夫だよ。。ラクになるからね。
タマ・・大丈夫だからね。。
ずっと一緒。これからもずっと一緒だよ。。大丈夫・・そばにいるから。」





暴れないよう麻酔処置の間も「大丈夫だよ」と声かけ続けながら・・
あっという間に眠ったタマ。。。


IMG_8758.jpg



祈る気持ちで待合室で待つ
旦那ちゃまも到着



IMG_8759.jpg



長く感じる時が流れて・・

無事にっっ!
タマは目覚めてくれたっ!!


もうぅ・・十分だっ!
何も望まない。。

戻ってきてくれただけで いい。。

タマお家に帰ろうっ!




麻酔から覚めたタマは・・
今まで決して我ら以外の人を絶対うけつけることはなかったのに
獣医たちに嬉しそうな表情で「ぁぁ〜〜ラクになったにゃぁ〜っ♫」っと
スリスリする姿にびっくりっ!
他の人にこんなことしたのはタマの生涯初っ!






そんなタマに安堵しながら
今後も溜まり続ける肺の水を自宅で抜けるように
肺に針を留置したままであること、水の抜き方の説明を受けて帰宅した。



もちろん。。酸素室も借りてきましたが・・

すっかり居住スペースと化してたベッドの上に置いても・・

どうもイヤで・・顔を出す。。あひゃひゃ。。

IMG_0769.jpg


実は直前まで借りてた人のタバコ臭がすさまじく。。
囲いのビニール素材に吸着したタバコ臭が中で充満してたことが
顔を出しちゃう理由だったかもしれにゃい。。





どうしよう。。
とっさに!さっき見たばかりの麻酔のシーンが浮かんできて

そうだっ!!ラッパ作ろうっ!


管に直接クリアファイルで作ったラッパくっつけて
呼吸器完成ぃ〜〜っ!にゃははっ!

tamahurimuki.jpg



お腹も空いたタマは
ご飯もモグモグ食べて一安心っ!







そうして・・
この晩からタマとの濃密な時間が訪れた。。


IMG_0773.jpg



タマが寝付くまで一緒に添い寝。。

9-5-2055.jpg


手を胸に置いて・・じわぁ〜〜っと温めてあげると
スヤスヤ寝始める。。


9-5-1948.jpg



でも1時間もしないうちに寝返りを打つ

するとラッパの位置も移動。

これの繰り返し。。


9-5-1038.jpg




この状況でもトイレは自分で行きたがり
ペットシーツをいくら敷き詰めても
絶対そこではしない。


9-5-0557.jpg



ならばとベッドの周りに飛び降りても転ばないよう
布団を敷いたり階段状にして
部屋中をタマのベッド化状態に!

IMG_8777.jpg



実はタマの癌手術から4ヶ月あまり
ずっとこのベッドを居住にすることが多かったタマに
旦那ちゃまは遠慮してリビングで寝ていた。
でも、この日から布団を敷いてみんなで一緒に寝て
ご飯もここで食べるようにした。


9-6-1931.jpg



みんな!いつもタマと一緒!





タマが独りになることなく
ずっと、どちらか必ず傍に居る



9-6-1826.jpg



正直この時ほど・・
365日家で仕事する生活スタイルを
ありがたいと思ったことはない。。


9-6-0327.jpg



隣りの仕事部屋からも
常に一望できるタマ看護部屋
熟睡中を狙って仕事を片付ける。。


9-5-0959.jpg



24時間体勢のスペシャルICU



9-5-0957.jpg



自分も一緒にタマとうつらうつら寝ちゃっても
タマの手を握りながら添い寝。。



9-6-1331.jpg



タマに何かがあったらすぐに飛び起きられる体勢で


9-6-2135.jpg


朝から晩までタマを感じ
タマと密着した幸せな時がゆるゆると流れていった。



9-6-1110.jpg




タマは15年前に我が家で生まれてからずっと
母ちゃんと暮らしてきて
母ちゃんとくっついてるか
もしくは膝上が指定席
123IMG_4541.jpg
そして夜寝る時は、布団に入ってきて
横寝の私のお腹のところで丸くなって朝まで一緒に寝る

それがタマのライフスタイル。。。




タマの完全看護が始まって3日目頃・・

9-6-1503.jpg




口元に常に添えていたラッパをあまり必要としなくなり・・

穏やかで落ち着いた状況が訪れた。


9-8-0944.jpg



ダイニングの方へ来てみたり・・

9-7-0939.jpg



最近愛用だった パソ隣りのFAX枕で寝てみたり。。


9-8-1420.jpg





胸水を一日2回抜いてたことも良かったのかもしれない。

9-5-0330.jpg

9-7-0037.jpg



緊張感が漂っていた我が家が
この状況に慣れ始めてきた頃・・

9-7-1323.jpg





9-7-1908.jpg



真夜中になると、なぜか?
リビングの床に行って寝たがるようになった。。


9-7-0545.jpg



しょうがなく・・こっちも一緒に床に横たわり
いつものように 胸に手をあてる

9-7-0550.jpg



「手をあてる」

これってじんわりと温かくなってスヤスヤ眠るだけじゃなく

癌が悪さしないでくれるような気もして
そして癌よ消えてくれ・・

そんな祈りにも似た気持ちを注入しながら
「大丈夫 傍にいるから」とささやきながら
手のひらを当て続けた。


手のひらって・・愛や優しさが伝わるものだと思う。

9-6-1010.jpg

9-7-0552.jpg



9-7-0544.jpg






そうして・・
呼吸器を必要としなくなって
夜は床で一緒に寝るようになった床寝2日目の・・
9月9日の早朝5時・・


久々に玄関スペースへやって来て
ここで横になった。


すると・・
この数日、どちらかといえばタマを遠巻きに見てたにゃん太母ちゃんが
珍しくトコトコとやって来て タマを舐めた。

9-9-0619.jpg


「大丈夫か?」
「母ちゃん ありがと」

まるでそう言ってるようなふたりだった。。

9-9-0617.jpg



この玄関スペースはタマの大好きな場所

春先から朝に陽が差し込む場所で
外を眺めながら日向ぼっこが朝の日課だった。。
DSC_82208-29.jpg






そんな大好きな場所で外が見えるよう床から窓際へ移動させた。

9-9-06212.jpg


久々に見た外の景色に。嬉しそうなタマ。

9-9-06213.jpg


病院から借りてた術後服も前夜交換して気分も一心!

肺の水抜きがしやすい背中ファスナータイプを探しゲットして
伸縮性のある柔らかな素材でいい感じになったにゃっ♫

まぁ・・サイズがちょっとキツくてダーツ部分とか切って広げたけれど・・あひゃひゃ。。






そしてこの日も朝9時に
毎日2回おこなってた肺の水抜きをした。


が・・いつものようにやっても
なぜか?空気がスパスパ抜けてくる。。

シリンジが もしかしたら壊れてるのかも?っと
換えてみるも、結果は同じ。

獣医から繊細な針だから動くとズレて外れることもある
もし、外れた時は再度麻酔で付けることはもう無理だからね。外れないようにね。。

っと言われた事を思い出し、抜けたのかもしれないっ!・・っと慌てて電話すると

「今すぐ連れてきてっ!!」

明らかに覚悟しなければならない尋常じゃない言い方に
旦那ちゃまとすぐに車に飛び乗った。

しかし助手席で抱っこするタマの様子からは
あまり苦しそうな感じはうけず
「大丈夫。きっと帰ってこれる。絶対帰ってこれる。」
そんな確信めいた感覚があって
運転する旦那ちゃまにそう呟きながら二人で心を落ち着かせ病院へ到着。




すぐにみてもらうと・・
「大丈夫そうだね!ほらちゃんと水抜けるよ。ちょっと針の場所がズレてたのかも。
肺気胸かと心配したけど、その場合にはもっと・・こういう風に・・・・・」っと説明され

とりあえず、状況が変わらないことが分かり
まだ大丈夫そうであることも言われて
ホッとして帰宅した。。


帰宅後もタマは穏やかな表情でいつものベッドで寝始めた。


9-8-2333.jpg



実は、少し前から、タバコ臭のしない酸素室をレンタルしようと考え始めていた。

闘病が長くなれば、なおさら、病院から仮で借りてるものは返却した方がいい。

そこで病院から貰ってたパンフのレンタル会社へ電話すると・・
ラッキーにもすぐに持ってきてもらえることになった。

そうして2時間後・・
立派な酸素室が到着っっ!


9-9sanso3.jpg


アクリル製で窓もいっぱいあって
さらにはっ!
酸素吸入器専用の酸素濃度が高い空気が出る管まで付属されてて
にゃんとっ!
すんばらしいぃ〜っ!

9-9sanso4.jpg


タマぁ〜〜!
これで快適だじょぉ〜〜っ♫


もしもこの部屋に入りたくない子の場合は
コタツみたいにテーブルや椅子に布をかけて
そこに管を入れる使い方でもかなり違いますよ!っと言われ・・


まずはさっそく!
酸素吸入器専用の管を使ってみることに・・

すると・・
あれ???空気出てない??壊れてる??

無風でエアが出てる感じがしない。

慌てて酸素濃度計をあててみると
みるみる濃度が上昇!

風が出てる感じがないのに濃度が高い管なんだと分かった!
今まで部屋用の管を使っていて
「風が出てまぁ〜っすっ!」感が満載でぇ〜っ!
それとまるで別ものにびっくりっ!
あひゃひゃ。

これは借りてよかったっ!
苦しくなった時もこれならバッチリっ!!

目の前がぱぁ〜っと明るくなったような
朝のショックから気持ちが一転した!

9-9-1844.jpg


実は6日前、肺の転移が発覚した時に獣医から、
肺にいったら最期はとても苦しみ、見てるのが辛くなるから。。
その時は、いつでも・・夜中でも・・連れてきていいよ。。

そう言われていた。

それは「眠らせる=安楽死」を意味する。



だから・・
少しでもタマがラクな状態でいられること。。

それが叶うアイテムを手にできて
ほんっと一瞬!目の前がバラ色になった気がした。


タマよかった。。これで大丈夫。。

そうして・・

病院から帰ってから、この呼吸器を口元に置き2時間ほど熟睡したタマは・・
夕方目覚めた。。

すると胸の振幅が大きくなってきたので
いつものように、呼吸器をあて、手を胸にあてて・・添い寝をした。

だけど、いつもなら・・
だんだんと落ち着いて穏やかに寝始めるのに。。

眠れない。。

むろん、新しい呼吸器をあてて酸素は万全なのに・・

眠れない。。


その後もずっと添い寝しながら「大丈夫だよ・・ラクになるよ」と続けたが・・
1時間ほど経っても状況は変わらず・・


この時、初めて・・「今夜が山かもしれない」 そう頭をよぎった。。



これが夕方の17時頃。。

9-9-1843.jpg



旦那ちゃまに 今日は早めにみぅのお世話に行ってきてと・・
もしも、何かあったら電話するから。。そう言い、

水をまき散らし事件を起こしてたプレハブのみぅの元へ
twで教えてもらった 新たな水挿しを手にお世話へ行った。

 EhfVDsLVgAE4lJ7.jpg   EhfVLgNUwAQNG_d.jpg



その後も・・タマの状態は一向に変わらず・・

ただ、ただ・・
添い寝して、酸素を口元に添えて

「タマ・・大丈夫だよ。 傍にいるから。。ずっと傍にいるから。大丈夫だよ。安心して」

幾度も幾度も、声をかけ続けた。


すると・・
突然ヒョコっと立ち上がった。

「オシッコ行きたいの?」

コケられても困るので、抱っこしてトイレに連れて行った。

すると・・支えずに ちゃんと オチッコをした

9-9saigoosikko.jpg



トイレもちゃんとして まだ大丈夫かもしれない。。


戻って、また添い寝し続けた。。

しかし呼吸は穏やかにならず眠れないタマ。。

とっさに。。
目の前にある ピアノの蓋を開けて

ほんのワンフレーズ。。

不思議とタマに聴かせたい衝動にかられ弾いた

ショパンのワルツ♫

9-9piano2.jpg


弾きながら、ふっと見るとタマがこっちを見てる

すぐに戻ってまた、添い寝をした。。

胸に手をあて「大丈夫。傍にいるよ。安心して。。」

何度言ったかわからないくらい。。

今タマにできることは これしかなかった。。


タマを安心させてあげること。
一緒に居てあげること。


もう。。旦那ちゃまに電話しよう・・そう思い
「戻ってきて」と伝えた。



そうして・・19時半を過ぎた頃から

明らかに息が上がってきて・・

タマを抱きしめながら呼吸器を口元にあて続け、
少しでもラクに、ラクにと・・

あぁ・・この呼吸器を借りて良かった。。本当によかった。。


「タマ!大丈夫だよ。。一緒に居るから 大丈夫だよ。」




20時を回ったころ・・
タマの身体が突然!激しく飛び跳ねた。

抱きしめる腕から バンっ!という爆音がしたように感じるほど
ものスゴイ勢いで飛び出て
飛び出たタマをまたギュッと引き戻して抱きしめて・・

「大丈夫だよ、傍にいるよ!」の言葉は・・

変わっていた。。



「もうおやすみ。。ゆっくりおやすみ。。」

「おやすみ・・タマっっ!! もういいよ。ゆっくりおやすみ。。」

「ずっと、傍に居るから。。安心しておやすみ。



あとで、獣医に聞いてわかったが・・
これは心臓発作だっただろうと。。

その猛烈な勢いで飛び出る発作が3回。。

そうして・・タマは眠りについた。。




9-9-20243.jpg



タマを思いっきり抱きしめたまま・・逝った。

これ以上ないってくらい抱きしめてた。

生きてる時なら嫌がるくらいに。。抱きしめてた。



9-9-2024.jpg



まるで・・
タマと一つになったような感覚

苦しい時間を一緒に添い遂げ、
タマの苦しみを一緒にわかち合い受け止める。

そうして腕の中で、一つになった。。そんな感覚が残ったせいなのか・・
不思議と満足感に似た味わったことのない気持ちになっていた。

苦しい瞬間をわかつこと。
タマの苦しみを わかち合えたこと。。
わかち合えてあげることができたこと。。

あぁ・・よかった。。


それが出来る事は きっとそう多くはないのだと思う。

タマも自分も。それはとても幸せなことだったと思う。

9-9-2042.jpg


「生」から「死」へ移行する時は
時間の多少はあれど苦しいもの。

最期の瞬間は・・
人間ならば病院で点滴で管理され痛みを取り除きながらその多くは苦しまずに逝ける時代。

9-9-2026.jpg


しかし、犬猫たちの多くは そうではない。。

外で暮らす猫たちは、独ぼっちで寂しく苦しく旅立つ。

運良く家猫となった子達でも、独ぼっちで逝かせたくないから病院ではなく
大好きな家で、家族がいて、仲間たちがいて・・そして腕の中で旅立たせたい。。
そう願うもの。。



これが叶わなかった時の苦しみは
深い後悔となって残り、それで苦しむ人が本当に多い。

実際、身近にも苦しんでる友達がいる。

きっと、タマを抱いて送れなかったら・・
その後悔に自分も苦しんでたに違いない。。

その友の悲しみや苦しみに そっと寄り添って
気持ちを寄せ合うことしかできないけれど
愛する者を失った共通の痛みは
みんな同じ。。

絶望的な悲しみ。
どうにもならない極限の寂しさ。


9-9-20263.jpg



代わりはどこにも居なくて
一生 探し続けても代わりは居なくて
穴の空いた部分は 決して埋まらず
その子の穴がしっかり残る。
その傷口がかさぶたになり、修復してなだらかになっても
決して塞がることはない穴。。

タマの穴、にゃん太の穴、ローズの穴と・・

これからも穴は空いていく。

狂おしいほど 愛おしい存在を失った絶望的な寂しさは
どうしようもないけれど、

この全てを含めて
愛するということ。。

まるで修行のようだにゃ。。

9-9-20265.jpg


この日の真夜中。
タマのICUだったベッドが本来の役目に戻った。

そうして久々に布団に入った瞬間・・
苦しかった最期の事が思い出され涙がまたこぼれ・・

タマごめん。。苦しませてごめん。。そう呟いてた。


その時、旦那ちゃまが言った。
「タマの一生15年のうちの12分じゃないか。


最後の苦しい時間は12分だった。。


その間、泣きじゃくりながら、タマを抱きしめ

声をかけ続け、苦しい発作が 一刻も早く終わってほしい。。
早く眠らせてあげたい。。

そう強く願って。。
「もういいよ おやすみっ!!」と あの時ふたりで叫んでいた。



9-9-2112.jpg



タマの苦しそうな表情は
今も脳裏に焼き付いてるけれど
それを目にしたのは
発作によって飛び出た瞬間の3回だけ。

ずっと抱きしめていたことで顔が見え続けてたわけじゃないから
その全てを見続けてた旦那ちゃまの方が
もっと、辛かったに違いない。

9-9みんな


今回、旦那ちゃまはずっと、知らぬ間に沢山の写真や動画を残してくれていた。

残しておかなければ、後悔するかもしれない。
使う使わないじゃなくて、この瞬間は二度と撮ることはできないもの
もし後でこれを見ることがなかったとしても、それはこの時には判断ができるものではない。

使命感のような何かに突き動かされて撮っていた。

言葉だけでは伝わらないものが
おかげで伝えることができた。




■タマが眠りについてからのこと

タマをキレイなまま送るために
部屋のエアコンをガンガンに効かせて
タマのお気に入りの爪研ぎ段ボール箱を棺にして入れた。

漠然と冷やさなければいけないことは知ってたものの
経験が無い。。

でも!釣った魚を保存する時ときっと同じ!
釣りのノウハウがあるじゃんっ!
魚は最初に内蔵が痛むので
ここをキッチリ固まるくらいに冷やせば鮮度がかなり保たれる。

9-10-0940.jpg


ドライアイスは無かったから
タマのお腹や脇をヒエヒエ保冷剤でいっぱいまとわせ
空気の層があると溶けやすいから
タオルもぎゅぅ〜っと詰めた。
そうして箱ごと大きなクーラーBOXに入れて
隙間に2Lペットボトル氷を入れて
蓋はずっと開けていた。

9-10-09402.jpg


本来クーラーBOXは蓋を締めなければ保冷力は無いに等しい!
でも、タマが息苦しそうな気がして締めたく無かった。

そこで、1日2回保冷剤の交換をしてみた。
すると、保冷状態が良かったせいか?
バッチリ保冷が効いてくれて保冷剤はほとんど溶けることなく
タマはタマのいい香りのままでいてくれた。


9-10-17184.jpg


さらに、オチリの穴から液などが出て来るはずなので
ここにキッチンペーパーを丸めてはさんでいたけれど・・

最後まで一滴も何も出てこなかった。。

きっと、これは・・
冷やしていた効果もあるけれど
タマが最後にちゃんとオシッコをして
出すもの全部出してくれたからに違いにゃい。。

えらいぞっっ!!タマっっ!!
すげぇ〜ぞ!タマっっ!!

生まれてから・・一度たりとも粗相したことがなかったタマ。
マーキングもしたことが無いから
本当に最後まで、ずっとトイレでしてくれた。。


猫って人間なんかより断然すごいじゃんっっ!!

きっとそれは本能だと思うけど
プライドある生き物
誇り高きヤツ!

甘ったれで小心者でビビリマンで・・
ずっとお子ちゃま性格で
喜怒哀楽が表情に出やすいタマだった。。

そんなタマが・・
最後はちゃんと猫として立派に旅立った。。

タマっ!大人じゃんっ!!

9-10-0743_20201110233826092.jpg



さて・・
火葬はどうする?

何も考えていなかったから
翌日、業者を調べ始めた。

近くにペット専用のところがあることは
なんとなく知っていたので知人に聞き
まずは、そこへ電話するも。。

その対応がとても雑で まるで面倒な物のように扱う感じが気持ちを躊躇させた。


9-11-11203.jpg


まだ暑かったから早い方がいい。。
さあ、どうする?

関東などでは家まで来てやってくれる業者もある事は知ってたけど
田舎だからそれは無いだろう。。

やっぱり、あそこにするしかないか。。

でもタマをあそこに預けたくない。。

どうしても諦めきれず、最後にもう一度調べた。


9-11-10482.jpg


すると。。来てくれる業者が仙台にはあって
我が家もギリギリ範囲圏内であることが分かりっ!

速攻 モシモシぃ〜〜〜っ!

運良く、翌日は13時枠だけ空いていて
即!お願いした。

9-11-10483.jpg



あと一日。。タマと居られる。。


この日は、ジャムの梱包で、
7ニャンズまーの里親みきちゃんが手伝いに来てくれて

タマにも会って泣いてくれた。


9-10-1052.jpg



タマは闘病中も応援する人達からの贈り物に囲まれて元気をもらっていて・・

眠ってからも棺の周りは賑やかにっ!!
タマは最後まで寂しくなく過ごすことができた。

9-11-11204.jpg

9-11-11533.jpg



ジャムの梱包が終わってから・・
タマを囲み、やっぱりタマとご飯っ!


9-10-1718.jpg


9-10-18023.jpg


最後の晩もニッコリ穏やかに過ぎていった。。

9-10-1802.jpg




■9月11日(金) 火葬当日。。

業者が来る2時間前になったら、タマと最期の時を過ごそう。。

そう決めて・・
急いで溜まりに溜まってた仕事を片付けて旦那ちゃまと一緒に
タマに持たせる手紙を書いた。

9-11-10583.jpg



お花は買わずに、庭の草花を添えた。

この花達は那須の奥様のお庭から分けてもらって移植したもの。

9-11-1058.jpg




ふと・・
あのTシャツが着たい。

今まで袖を通したことがなかったpotuさんに描いてもらったタマT

9-11-11583.jpg


なぜか?とっさにそう思い立ち着替えた。

これを着て見送りたい。
これじゃなきゃ、ダメっ!

自分の中にタマを入れて一緒になるんだからっ!!
そんな衝動。。


9-11-11582.jpg


そして・・
タマを大きなクーラーBOXから出して
身体にまとってた保冷剤を取り除くと
艶やかなふわふわな毛のままでいてくれた。

このふわっふわっっ!な毛を残したくなり
3色それぞれ・・チョキチョキ。。


9-9毛2



「タマぁ〜ちょっとちょうだいね。。」

天国でハゲてるぅ〜ってバカにされないくらいにするから。。


タマの闘病が始まった頃から・・
旦那ちゃまと、何度も言った言葉が、
病気とは思えないくらい 毛がふわふわで艶艶だよね。。

だからきっと・・大丈夫だよ!
治るよ!

IMG_8971.jpg



昔からずっと、我が家に来る人達に驚かれてたにゃん太とタマの毛
「何か特別な事してるの?」っと言われるほど
ふわふわな自慢の毛だった。。

それが、病気が発覚し、やせ細っていっても
変わらずにふわふわっ!

そのタマのふわふわな毛に顔をうずめ・・
爪研ぎ箱に入ったままタマを抱きしめた。



9-11-12523.jpg


すると・・
今までストップしてた感情が
一気に溢れ出て、

泣きじゃくった。。

やっと・・泣きじゃくれた。。

タマのふわふわな毛に
鼻水いっぱいっっ!!
びちゃびちゃにつけまくって!!

わんわんっっ!泣きじゃくった。。

抱きしめすぎて・・爪研ぎ箱が
壊れるほど。。

あひゃひゃ。。

ヒエヒエだったタマの身体が
ぬくぬくしちゃった。。

にゃはは。。


9-11-11585.jpg



そうして・・
最後に、タマを脇に置いて
ショパンのワルツを弾いて聴かせた。

piano.jpg


調律もしてないボロボロのピアノで
ボロボロな弾き方で・・ヒドすぎ だったけど。。

きっと、たまには調律ぐらいしにゃさい。。
出にゃい音があるってヒドイじょ。。

っとタマは突っ込んでたに違いにゃい。。あひゃひゃ。。




この動画は世にさらし続けるのは恥ずかしすぎるにょで・・
あとで非公開にするにゃり。


そして約束の時間13時になり
業者さんが来た。

来たのは男性で
動物葬祭ディレクターというだけあって
とても丁寧な受け応えで
ゆっくり丁寧に説明をしてくれて
ずっと旦那ちゃまが対応した

その間も自分は、タマを抱きしめ続けてメソメソしていた。

9-11-11584.jpg


ギリギリまで抱いていたい。
片時も離れたくない。。
離したくない。

このふわふわな毛・・タマを失うなんて・・
イヤだった。。

未練がましく。タマをなでながら
「愛してるよタマ ずっと一緒だから安心して」を言い続け

最後のお別れをした。

9-11-12522.jpg



そうして一緒に持たせていいもの、ダメなもの。。を指示され
それを用意した。。

一緒に入れたのは・・

花・食べ物・手紙

全て燃えやすいものだけ。


そしてタマを包んでいた
「絹の布は入れちゃダメですか?」 と聞くと

「大丈夫ですよ!」


これは絹のパジャマで
2年前に亡くなったみーこさんからもらったもの。
ブロ友として仲良くし我々がやる事をずっと応援してくれてた大切な人。

彼女が癌で入院中に絹のパジャマを着て過ごしていて、
それと同じものをもらい
とても快適で夏に良く着ていたものだった・・

このパジャマをタマが闘病中にかけていたのだが・・
エアコンの風が直接当たらないように何かかけたくて
軽くて薄く温かいものを探した時、これが最適でかけていたのだ。


9-8-0944.jpg


棺の中でもこれをまとわせていたので
どうしてもこのままで送りたかった。。

みーこさんが待つ天国で
これをまとってれば きっとみーこさんも喜ぶ!

パジャマの上は残して、下だけでタマをくるんだ。

9-11-13482.jpg



そして食べ物は紙製の物に置いてください・・慌てて探すと・・
のんきさんから貰ったお菓子の箱がピッタリじゃんっ!


9-11-1348.jpg



タマの大好物の刺身や鶏肉をてんこ盛り合わせにしてっ!

さぁ〜っっ!準備万端っっ!

DSC_8271.jpg



最後に体重を計りますね。。と言われ・・

タマを床に置くと・・

突然 にゃん太がやって来て・・

タマをくんくん。。

そしてペロペロ。。

9-11-13485.jpg



思わず・・それを見ていた担当者が

「あぁ〜お母さんお別れに来たのですね。。」っと呟いた。。

感動的な場面に みんながじぃ〜〜んっとしてると




モグモグ・・パクパク。。むしゃむしゃ。。ガツガツ。。。


ウマウマてんこもりのタマ御前を食べ始めたぁ〜〜!

あひゃぁ〜っ♫

かっ・・かあちゃぁ〜〜んっ!!

まぁ〜現実はそんなもんよ。。 にゃはは。。


DSC_8273_20201111004812498.jpg






そうして、タマを抱きながら駐車場の車まで連れて行き

寝かせた。。

これで本当にお別れ。。


庭の「コヒマワリ」「ミソハギ」をタマにかけてあげた・・

DSC_8273-2.jpg



すると。。

担当者が気付いた・・
「あっ・・お母さんがこっち見てますよ」

えっ?? 

なんと、にゃん太母ちゃんが
少し開いた窓から こっちを見て鳴いていた。

9-11-13584.jpg



状況を分かって見ていたわけではないのかもしれないが・・


その姿に・・思わず・・
母ちゃんも見送りたいのかなぁ・・

そう思ってしまうようなシーンだった。




そうして・・本当にお別れ。。

最期にもう一度抱きしめ、キスをして・・

炉の扉は閉められた。


9-11-1358.jpg



だいたい、終わるのに1時間くらいかかります。と言われ家の中に入った時刻が

ちょうど14時過ぎ

タマは空に登り始めた。



ふと、にゃん太を探すと・・

まだ暑い日だったのに
ベランダで横になってた。



DSC_8282.jpg



まだこの時期はベランダに出ても
暑くていつもはすぐに戻ってくるのに。。

ベタぁ〜と横たわり 動こうとしない。

外は やはり、何か焼ける臭いが鼻についた


DSC_8286.jpg


もちろん。車から煙が出てるわけじゃなかったけど
独特の臭いがしていて
人間より嗅覚が優れてる猫だから
きっと、何か感じて、外で横たわっていたに違いない。。

それから30分以上も 暑さの中にゃん太はベランダで横になっていた。






1時間が経った頃
担当者から声がかかり
再び駐車場へ行き、タマと対面した。

とってもキレイにしっかりと骨を残してくれたタマ。。

担当者も、この年齢でここまで砕けずにキレイに残してくれてすごいですね。。
きっと食べ物が良かったんだと思いますよ。っと・・

元は動物看護士だったという彼から
丁寧な骨についての説明を受けながら
猫の特徴的な骨は、指先の爪の元と尻尾の骨だそうで
小さな骨だけどこれもキレイに残り
その場でペンダントに収めた。


残りは一つ一つ箸で拾い、
人間と同じように、いやそれ以上に、丁寧に拾わせてくれて
「ゆっくり、炉は熱いから、休み休みでいいですよ」
そうして・・13時に来てから
ほぼ3時間あまりかけて、タマを見送る儀式を執り行ってくれた。

IMG_9119.jpg


よかった。。
ここに頼んで よかった。。

自宅で送れる っていいなぁ。。っと思った。

とても濃い見送りの儀式をすることができた満足感

とてもいい形でタマを送ることができ
タマは間違いなく・・幸せな14年と11ヶ月だったと思うことができた最期だった。
残された我々にとっても 後悔ない形で終えたことはとても幸運なことだった。



9-11-2105.jpg



■2005年10月10日 夜20時過ぎ 我が家で産まれ
■2020年9月9日  夜20時20分 眠りについた
blog_import_5d280eda14849_20201111115627ad5.jpeg



見送ってから一夜明けると・・

朝から金縛りにあってるような我が家だった。


心も体も自由が効かず

やらなければならないことがあるのに

固まってしまう どうしようもない状態で



EinEwudVgAMXNV0-1.jpg




悲しみの渦に巻き込まれていきそうな恐怖で

何か手を動かしていないと

ダメだ・・っと

パソ周辺の整理をしたりして

なんとかやっていました。


IMG_0862_20201111142427f1c.jpg



旦那ちゃまも同じだったようで

いつの間にか

なにも今日やらなくてもいいのに

段ボール潰しや掃除をして・・


そんな一日だった。




そんな時・・いただいたお花が心を癒してくれました。


IMG_9202.jpg


50名以上のたくさんの方々からタマへ届いたお花や贈り物が
我々を支えてくれて、タマを安らかにしてくれた。


2ヶ月経った今でも、ずっと・・
お花が途切れることなく過ごせている。


IMG_9258.jpg


本当にありがたいことです。


IMG_9844.jpg



そんなタマを想い届いた生花たちは
出来る限り長く保たせたくて

痛む根元を何度も切って短くしながら
組み合わせを変えて、同系色で揃えてみたり、そんなことをしながら
長く長くタマを癒してくれていた。

IMG_9359.jpg



そして痛んでしまった花を1本ずつ取り除いてると
なんだか・・タマの元へ旅立たせてるような気がして・・
こんな感覚は初めてだった。


IMG_9362.jpg



今回の草花は1本1本を大切に大切に。。
タマの元へ送り出さなきゃ。。

IMG_9832.jpg



1回目の月命日・・
四十九日、五十日祭
そして・・2ヶ月の月命日が巡った



IMG_9528.jpg



タマは今もずっと隣にいつもいる。

見送る時に、とっさに衝動的に着たTシャツが
とっても役立っていて
「遺骨」っという感じがしなくて
「タマぁ〜♫」っという気持ちになれて声がかけやすい。

DSC_8578.jpg




今の我々にとって一番切ないのは・・
にゃん太母ちゃんの言動。

直後からタマを探すように納戸を開けろと迫ったり
遠吠えのような鳴き方をして吠えてみたり。。

あちこちにタマのにおいは残っているからにゃ。。


IMG_9131.jpg


寒くなると団子になってたこの15年

団子の相手を求めても いなくて。。

残念ながらローズにはその役目ははたせないから。。

我らがしっかり抱きしめてあげなきゃ。




そして一緒に タマを失った寂しさを慰め合う。


IMG_0886.jpg



「タマのバカぁ〜〜〜っ! にゃんでいにゃいんだよぉ〜っ!」っと・・

母ちゃんとグチリながら 



DSC_8298.jpg




ローズは術後経過も良く、

タマが居なくなった途端、謎だった粗相もなくなり

タマのICUベッドにあがって寝たり

抱っこ要求がますます強まった。。



母ちゃんとは、ケンカもしなくなったが

互いを舐め合うことも一度もしたことがない同居人レベル。。



IMG_9212.jpg




タマの代役は務められないのは当然だから

それでいいにょだっ!



IMG_9209.jpg



今、これを書き上げることができて

やっと、らくになった。。


2ヶ月かかったけれど、書きあげることができてよかった。。


bgde1.jpg


bgde2.jpg



読んだ方は、いつものような楽しい記事じゃないから

読まなければよかったと思う人もいるかもしれない。


それだけが、気がかりで申し訳ない気持ちだけど

今回だけは、自分のために書いたような記事


もし読んだ人の心を傷つけることがあったら・・ごめんにゃさい。


DSC_8574.jpg






旦那ちゃまは、今「タマのしるしカレンダー」を作っている。


IMG_0036.jpg



同時にゴエママ支援カレンダー「ゴエモンのしるし」も。。


Em35l0hVcAASe2z.jpg


Em35geCVQAA9x4R-1.jpg


Em35ifbVgAMpfQr-1.jpg



ほぼ同時期に、天国へ逝ったふたり。


癌と立派に闘ったふたり。


IMG_0047.jpg



ゴエモンは震災後、人が居なくなった被災地でボス猫として君臨し

ボランティアさんの助けにより生きた猫

5年前にゴエママさん家の子となり

猫としての幸せの醍醐味を味わい尽くして旅立った。


goe3.jpg



タマとはまるで両極端な猫生だったけれど

どちらも幸せをいっぱい味わった生き方だった。


IMG_0039.jpg




いいものにしたい。その一心で かなり苦しみながら製作してた旦那ちゃま。


ふたりの生き方から猫の幸せはなにかを感じられるだけではなく

見る人によって、様々な事を感じてもらえるようになったらいいにゃぁ。。


そして多くの方が手にしてくれたら嬉しい。。




IMG_0044.jpg




すでににゃん太通販で販売スタートしてますが(→販売ページはココにゃ)


発送は今月末に近くなってしまうかも。。



IMG_0043.jpg





このカレンダーにも出て来る「タマ広場」は・・・

旦那ちゃまがタマへ持たせた手紙に書いた内容から来てる


hiroba.jpg


タマ広場を作って待っていて下さい。
たくさんの人、猫が集える タマ広場を!!
迷わないように標識も頼む!!



タマはきっと今頃「タマ広場」の草取りでもしてるかにゃ。。

いや・・きっと・・
タマのことだから・・サボってオヤツもぐもぐだにゃ。。間違いにゃい。。

にゃはは。。


tamauma.jpg


みにゃさまっっ!!
最後まで読んでいただき
ありがとうございましたっっ!!!


tamasenyo.jpg


Posted byにゃん太

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply