みぅぴょん♪もうすぐ出発の巻

にゃん太

みぅが我が家の前に現れ、捕獲器で保護したのは・・
昨年8月5日


IMG_8306_2021032212235970e.jpg

タマの闘病中のことで・・
我が家にとっては、何故、今・・っと正直思わなかったわけじゃなかった。

でもっ!
きっと、これには意味があって
それにまだ気付いていないだけ。。

そう思ってた。。

IMG_8310.jpg


残念ながらその頃はタマの事でいっぱいだったから
みぅぴょんには、なかなかフルエネルギーをかけてあげられなくて・・

それでもみぅは元気いっぱいに命を輝かせてくれたっ!


天真爛漫の仔ねこの愛らしさは
可愛さの爆弾で、タマの病気で追いつめられそうな気持ちを
どれだけ救ってくれたか。

エイズキャリアといっても
この可愛さだから、きっとそう遠くない時期に里親は見つかると思っていた。。
(※後日、避妊手術の際に陰転しキャリアじゃなくなった)


397126.jpg


しかぁ〜〜しっ!
3箇所の里親サイトに掲載し続けても
どこからも、全く!かすりもせず
お問い合わせゼロを更新し続け・・

年を越し、保護から5ヶ月にして

とうとう!声がかかったっ!

そうして、その方とは運命的な出会いと思ってしまいそうなご縁になる。。


397124.jpg


まだトライアル期間を経て先住ちゃんとの相性を判断してからになるけれど
仮に、みぅのお家決定!とならなかったとしても
この「アイさん」と出会えたという素敵なご縁を、みぅからいただいたと思ってる。


そんなドラマチックな出来事をブログにも残しておきたくて
急ぎ書き綴るにょだぁ〜〜!




アイさんからお問い合わせが来たのは1月25日
(まだエイズキャリアと記載していた時)

みぅぴょんの天真爛漫で、元気いっぱいヤンキーでオモローなやんちゃっぷりに
アイさんはカワイすぎぃ〜〜って心が奪われたそうです。

即っ!
「会いたいです!」

っと言っていただきましたが・・


ちょうどこの数日前の1月17日に起きた肉球流血事件からの
避妊手術と肉球ケガ治療中で術後服にカラー姿のため、
治ってハイパーみぅぴょんに戻ってからの方がいいと判断。

22-1_20210321222454908.jpg



そうして・・
2月12日 アイさんは二人のお子さんのうち、たまたま来れた10歳のお兄ちゃんと来訪


元気復活したみぅとたっぷり遊びながら・・

脱走防止柵の話から
カワイイけれど仔ねこだからこその大変さも伝えながら
わかる限りの全ての事を包み隠さずに話しました。





みぅぴょんがドアも簡単に開けてしまうことも動画を見せて
息子ちゃんにもしっかり認識してもらうと・・
「逃げないようにボクの部屋の●●も気を付けなきゃダメだね」っと呟いたり・・

外に出ちゃうとどうなるのかについては、アイさんは家に帰ってからも
しっかり家族にも伝え話し合ったそうです。。


IMG_1412.jpg



脱走防止のアイテムは設置しただけでは意味がありません。

家族全員が脱走させないという意識があってこそ
脱走防止柵が意味を成して来る。

とくに、脱走防止は閉めなければただの扉でしかない。

家族の誰か一人でも意識が薄くて
扉を無意識に開けたままにしちゃったら・・アウト。。
親戚やお友達が来た時も「気を付けて!」を言うのを忘れないように。。


image0_2021032513011886e.jpeg



大人だって子どもだって
脱走しちゃったらどうなるのかさえちゃんと理解できてれば
意識して気を付けることになる。



アイさんはそういう点もしっかり認識して
子どもたちにも話してくれてるので
とっても安心!


特に仔ねこ時代は、成猫よりもさらに脱走に注意を払わなければならなくなるので
そういう点からも、再度みぅじゃない成猫を迎える選択肢だってあることも話しました。

(なにせっ!みぅは脱走要注意なヤツにゃのでにゃ!)

IMG_1407_20210325125735012.jpg



年齢や家や家族構成や・・
そのお家のライフスタイル、
様々なことを踏まえて、どういう猫を迎えるか。。

そこを考えて迎えることも、とっても大切なことだと思う。



そしてそれは、迎えられる猫側にとっても幸せになれるかどうか大事な部分になる。

脱走という不幸な結末は どちらにとっても 悲しい結果になっちゃうから。。


危なっかしいみぅだからこそ、7ニャンズの時以上に気を使う部分だった。


IMG_1825.jpg


そんなこともいろいろお話しして
全てをとてもまっすぐに受け止めてくれて
改めてじっくり考えてもらいました。


大切な家族の一員を迎えることだから。。


そうして・・
家族みんなで話した結果も・・

「やっぱり!天真爛漫なカワイイみぅちゃんを迎えたいですっ!!」


そこからは、すぐにっ!迎える準備に突入ぅ〜!
脱走防止柵やキッチンの進入防止柵などなど・・
次々と大工仕事でお父さんは腕をふるって張りきるぅ〜!

image4_2021032122583103b.jpeg


そうして、運動神経が良すぎて賢いみぅぴょんだからこそ
気付けない点もあるかもしれないからと・・
家の窓の全ての写真を撮影し、どうすればいいか?を教えて欲しいと相談された!


そこで・・
再度、打ち合わせに来ていただいたぁ〜!

5-3.jpg


実は・・
アイさん家には小型犬が3頭居るので
みぅぴょんは、ワンちゃんとの同居になる

我々は犬+猫との暮らしを経験していないため
その部分から、何かアドバイスできたらなぁ・・っと考えた。。


っと!!そうそう!!
ちょうど、7ニャンズのぶー(ガブ)里親Nさんが
チャリティ作品を納品に来ることになってたのでぇ〜!
ワンたちと暮らすガブの里親Nさんにも同席してもらうことにした。

pansy19-8.jpg


しかもっ!
偶然にも二人は家がめちゃくちゃ近くて
Nさんはシッター!
何かあったら今後連携だってできる!
アイさんにとっては心強いはずっ!

お二人の家は我が家から1時間以上かかる場所だから
Nさんの存在は我々にとってもすごぉ〜く心強いっ!




そうして・・2月22日のニャンニャンDAY
我が家でにゃんにゃん会合が開かれたぁ〜っ! にゃはは。。

3-2_20210321231913bf0.jpg


まずは・・
お昼を食べて猫談義 犬談義で花を咲かせぇ〜〜っ♪


3-1.jpg


盛り上がるのは容易いことっ!!っというほどに。。

時間はあっという間に過ぎ行く。。


そんな、猫談義真っ盛り中に・・・


ぴんぽぉ〜〜〜んっ!


にゃんとっ!

「七ひきの命」の紙芝居を作ってくれた隣のはる君たちが突然来訪っ!


「ニャンニャンの猫の日だからぁ〜お祝いに来ましたぁ〜♪」

っと・・カワイイお手紙とちゅぅ〜るを手に来てくれたっ!

4-2.jpg


4-4.jpg



ちょうど、アイさんには7ニャンズの事や、はる君たちの話もした直後だったから
その本人たちが突然来たことで さらに盛り上がりぃ〜〜!

4-3_2021032600122109b.jpg



しかもっ!
はる君たちも、みぅの希望者さんが偶然来てたことに
超びっくりぃ〜〜!

「えぇ〜!みぅちゃんの?? すごぉ〜い良かったねぇ〜〜」

っとみんながニコニコ顔いっぱいになったっ!

4-1.jpg



猫の日バンザイっ!

5-4_20210321233647eaf.jpg



そうして・・
アイさんとたっぷり話もして
脱走防止柵の打ち合わせもして

気付けば・・5,6時間が??

あひゃひゃ。。

5-2.jpg




でっっ!!
さっそく!
お迎えの準備が着々と進んでいったぁ〜っ!

image9.jpeg



次々届く写真に みぅぴょん愛がすごいっ!

image6_2021032122583237c.jpeg



キャットウォークには滑り止めマットも取り付けっ!

IMG_5960.jpg



階段途中の窓も・・
みぅぴょんなら手すりに登るという前提で対処・・ははは。。

image7_2021032200000728b.jpeg



アイさんはお蕎麦屋さんを営むご両親と暮らしています。
アイさん自身は家でする仕事が多く
9歳と10歳のふたりの息子ちゃんは
動物や虫が大好きっっ!

過去にも虫やヘビやいろいろ捕まえてきて飼ってきていました。。


実は、みぅに会いに我が家へ来た時に息子ちゃんが・・
「高橋さんと中村さんもなんとかしないとね」っとつぶやいていて。。

その時はてっきり「学校のお友達にも脱走気を付けてと言わなきゃね!」っという意味だと思い込んでいたのだが。。

後日、カナヘビの名前だった事が判明する。

image0_20210325131156dd8.jpeg



そのきっかけになったのは・・・。。



隣のはる君が学校で掲示するために書いている壁新聞がある。

s1_20210322134958efc.jpg



その3月号と題した今月号には・・
猫の日に我が家に来てくれた事や、みぅの里親が決まった事が記事になっていたっ!!

DSC_2445_202103220017004d2.jpg


この、みぅのお祝い記事の隣には・・
はる君が飼ってるカナヘビの事もたまたま書かれていた。

DSC_2446_2021032200165976c.jpg



これを書いてた時に、「みぅの里親になる人の事も書いても大丈夫ですか?」と聞かれたため
アイさんにも見てもらいました・・

すると突然!
ある相談を持ちかけられた。。




「カナヘビの中村さんを、はる君にもらってもらえないだろうか?」


image2.jpg


カナヘビがみぅに狙われるのは間違いにゃいため
命の危険に日々さらされる状態は良くない。。
万が一みぅの口からピロピロ・・にゃんてぇ〜〜!
悲しい出来事が起きぬように、アイさんと子どもたちは
温かくなったら外に逃がしてあげようね。。っと話していた。


そんなところに!偶然っ!目に入ったのが壁新聞だったのだっ!!

はる君家のカナカナランドへぜひ迎えてあげて欲しいという
びっくりな急展開になったっ!

もちろん。。
はる君たちは大歓迎ぃ〜〜!





と、そのほぼ同日のこと・・

にゃんとにゃんと・・

アイさん家ではさらに驚きの出来事が起きたのだっ!!!


親戚の方が突然、長期入院となって
そのお家に居た3匹の猫たちをどうするか・・という話になった。

そこでアイさんのお兄さん、他の親戚のお家で1匹ずつ迎えることになり
アイさんのお父さんもどうしてもと頼まれ、断ることができない状況になった。


っというわけでぇ〜〜!
急遽、きなこちゃんがやって来たにょだぁ〜っっ!!

どひゃぁ〜〜っ♪

image0_2021032200371138d.jpeg


きなこちゃんは、とってもおっとりさんな7ヶ月の仔ねこで
みぅぴょんと月齢が同じっ!

来てすぐにワンちゃんにもお腹見せてゴロリンチョ!


それに・・にゃんと言っても
みぅを迎える準備が万端になっていたタイミングだから用意もバッチリだったっ!


image0_20210325132851de3.jpeg


さらには・・
みぅが行く前に脱走柵が大丈夫かどうかのテストにもなってますっ!っと・・

にゃはは。。


image3_2021032513284970f.jpeg



そんな、きなこちゃんは、みぅとは全く正反対なおんにゃの子
キャットタワーを踏み外しちゃうような
かなりのおっとりさん。。

あひゃひゃ。。

こりゃぁ〜いいコンビになりそうだっ!

image4_20210325132848938.jpeg


当然ですがアイさんに、きなこちゃんが来た状況でも、
みぅを連れて行っても大丈夫?っということも確認し話し合いましたが

昔ご実家では猫を飼っていたし動物大好き家族!
一度は迎えることを決めたのだからもちろん!!
「みぅちゃんを迎えたい気持ちは変わらないですっ!」

という嬉しい返事をもらいました。



そうして・・きなこちゃんは血液検査やワクチンや駆虫などの
初期医療がされていなかったため
まずは・・病院へ連れて行くこととなりました・・


image2_20210325132854530.jpeg


そんな突然のきなこちゃん登場によって
中村さんの危険が一気に高まってしまったっっ!


きなこちゃんが来た翌日に、偶然にも高橋さんが天国へ旅立ったこともあり
ひとりぼっちになっていた中村さんを
一刻も早くはる君家へ連れて行ってあげたいです!っとなり・・


にゃんとっ?!
みぅより先に??
まずは中村さんの譲渡となったぁ〜〜!あひゃひゃ。。


IMG_1739.jpg


そうして・・
先日、隣のはる君家で中村さんの譲渡式が執り行われたぁ〜〜!


IMG_1741.jpg



日当りのいい窓辺にカナヘビ集合住宅「カナカナランド」があった!

IMG_1743.jpg



冬もポカポカ冬眠せずに越したカナカナランド!
霧吹きシュッシュとお世話に余念がない はる君!

IMG_1754.jpg



余談ですが・・
はる君家には家の周りで捕まえたカナヘビが20匹くらい居て、
観察しながら、ご飯(ペットショップで売ってる生きた虫)もあげて
友達としてちゃんと育ててます。


IMG_1752.jpg



しかもぉ〜〜っ!
なんとっ!卵を産んでちゃんとふ化もさせて2代目もいてすごいにょだっ!


DSC_9676.jpg



見せてもらった観察日記帳には、カナヘビとの楽しい暮らしぶりが満載っ!


DSC_9678.jpg



そんな自慢のカナヘビたちの暮らしっぷりを見たアイさんの子どもたちは・・
「ボクん家より ここのお家の方が仲間もいっぱい居て幸せそうだよね!良かったね!」


っと・・寂しいけれど、嬉しい!保護主さんの気持ちになってた。。

IMG_1745.jpg



そんな両者の子ども達にとって、
譲渡を経験したという気持ちをちょっとでも味わってもらうために・・

急遽、旦那ちゃまが猫用の誓約書を中村さん用に作り替えた!


IMG_1751.jpg


ちゃぁ〜〜んと!!
はる君もサインと印を押して正式譲渡成立!

IMG_1750.jpg







そんな無事に譲渡を終えた後・・
我が家で初めてみぅに会った弟くんは
みぅのハイパーっぷりを味わって
ジャンプ力の凄さに「すげぇ〜〜〜っ!」と大興奮っ!

IMG_1755.jpg


毎日、みぅと暮らせる日を楽しみに指折り数えて待ってくれています。


IMG_1758.jpg



アイさんとのご縁によって・・

猫好きなみぅには、遊び相手が居た方がいいよなぁ・・っという願いも
きなこちゃんの登場で叶いそうだし。。


カナヘビを通じた子ども達の繋がりにもなって
「一度捕まえた命は終生大切にする、家族として大事にする」ことを
当たり前のこととして育って大人になっていって欲しいという我々大人の願いも、みぅのご縁から見守ることができた・・


IMG_1740.jpg



そんな全てが良きタイミングで起きてるから・・

きっと・・みぅときなこちゃんは
いい相棒になれるような気がしている。

そうだといいにゃぁ。。


★「ここにみぅちゃんが入る日を夢見てます」とアイさんから届いた写真
image2_20210325141427c82.jpeg



みぅがトライアルに旅立つのは
アイさんのご両親が在宅されている4月5日





あとちょっと・・
ローズがんばれぇ〜〜!
にゃははは。。




昨年9月9日 タマが旅立った。。
みぅが家の前に現れたのはその1ヶ月前のこと。。

タマはきっと、自分の闘病に没頭してしまう我らに
ふっと明るさを差し込ませて「みぅ」を登場させ
失った後の哀しみに暮れる我々のために「みぅ」を傍に置いておくように仕向けて
どこからも声がかからないようにして・・

そうして・・

IMG_1769.jpg


自分が天使になって半年が経過した今・・

「もう、そろそろ 天使になって傍にいるから 大丈夫だよね!」っと・・

みぅの里親を見つけてきてくれた・・

そんな気がしてならない。。


IMG_1822.jpg


全ての出来事に意味があるかどうかは・・
人の捉え方ではある。

でも、このタイミングで??とか・・

きなこちゃんのこと、中村さんのこと・・が起きるタイミングも・・
あまりに偶然が重なりすぎて・・

何かの力が働いて、タマが我々にみぅを派遣してくれたと思えてならない。

IMG_1824.jpg


今回、みぅに声が全くかからなかった時に・・
我が家の子にするという選択肢を一度も考える事はなかった。


IMG_1829.jpg


かなり年老いた にゃん太母ちゃん。。
タマを失ってからは、さらに足腰にきている。

そんな母ちゃんにとって、エネルギーが有り余ってる仔ねこは負担が大きい。

穏やかな老後を過ごさせたい

まだまだ我が家の重鎮として居てもらわないと困るのだ!


nyannba-.jpg


先日、にゃん太が初めて中耳炎になった。

寒暖差の激しさからか、風邪っぽい症状はあっても
薬を飲むほどでもなかった。

IMG_5237.jpg


しかし、風邪が原因とみられる中耳炎になって
治るまでの間は、ハイパーみぅと接触させないように配慮した。


タマは、そんな我が家に
そろそろ・・っと 判断したんだろう。。


haha1.jpg


タマはいつも傍にいる。

タマの温もりや においや ふわふわな毛や どっしりした重さ ぶひぶひイビキ・・
膝上にいつもいたその感覚は・・
今は残像しか無くなってしまったけれど・・


tamatenshi2_20210326010216a2f.jpg


最近は午前中はにゃん太がなぜか?膝上に来るようになった。
そしてローズが毎晩布団に入ってきて
ローズが毎朝起こしに来る。

これらは全てタマの役割だった。。


IMG_1635.jpg


タマはそんな我が家を、ちゃんと見守ってるんだにゃ。

羽根が生えた天使になって
パタパタ飛び回って 見てるんだよにゃ。。


でも願わくは残像じゃないタマを もう一度抱きしめたいにゃ。。


Posted byにゃん太

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply